ここから本文です

チーム一新の香川真司と開幕ゴールの武藤嘉紀、それぞれの「苦しみ」

webスポルティーバ 8/28(日) 18:30配信

 ドルトムントがブンデスリーガ開幕戦でホームにマインツを迎えた。結果は2-1と白星発進。先発フル出場の香川真司は「苦しかったので勝てたことが収穫」と、心底ほっとした表情を見せ、日本代表に合流するために帰国の途についた。課題を露呈しながらも、及第点の開幕戦となった。

【写真】スイスでは久保裕也が苦悩

 今季のドルトムントは、マッツ・フンメルス、ミキタリアン、イルカイ・ギュンドアンという主力中の主力が移籍し、その穴を埋めることもあって8人の補強を行なった。そのうち、この日先発したのはアンドレ・シュールレ、ウスマン・デンベレ、マルク・バルトラ、セバスティアン・ローデの4人。さらに昨季レギュラーとは言えなかったアタッカーのフェリックス・パスラックも先発し、ゴンサロ・カストロがボランチ。昨季から大きくメンバーを変えて臨んだ一戦だった。

 どれだけプレシーズンの準備を積んでも、いざ公式戦となれば難しさがある。ドルトムントは組み立てがうまくいかず、バタバタしてボールを失った。前線から追い込んでボールを奪い、攻撃でも連動性を見せるマインツのほうがスムーズに見えたほど。

 うまくいってなかったのではないかと問われた香川は、それを認めたうえで試合をこう振り返った。

「そうですね。でも、悲観的になる必要はない。序盤はリーグ戦で厳しい戦いが続くと思います。メンバーが変わって選手の特徴も変わって、すごく戸惑いがあると思うんです。ただ、やれるクオリティがあるので、絶対にうまくいくと信じて、忍耐強く次によくなるようにしたい。あと、今日は暑さがね。日本でもなかなか感じられないような暑さだったので、体力的にきつかったですけど、とりあえず勝つことが第一でした」

 香川が言った「暑さ」は異常なものがあった。この日は15時時半開始の試合だが、気温は33度にまで上昇。クラブからは観客に向けて、事前にSNSなどを利用して特別な警告が出されていた。日焼け止めなどでケアをすること、瓶の水は持ち込めないが、ペットボトルなら持ち込めるので極力給水すること、特に子どもは水分補給を心がけること......。場内でも給水を促すアナウンスが頻繁に流れていた。

 実際、試合では前後半とも、25分過ぎに選手の給水タイムが取られた。厳しい環境での一戦ではあったが、それ以外はいつも通り。走行距離なども、夜の時間帯に行なわれた試合と比較しても見劣りすることはなかった。

 ドルトムントは前半17分、オーバメヤンのゴールで先制。だがそれ以降は両チームともに攻めきれない時間帯が続いた。ドルトムントに追加点が入ったのは試合終了間際の89分、PKからだった。

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 18:30

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー