ここから本文です

会議を開くなら「火曜日の午後2時半」がベスト

ライフハッカー[日本版] 8/28(日) 22:10配信

ライフハッカーでは以前、火曜日が一週間の中でもっとも生産性の高い日であることを明らかにしました。となると、生産的で有益な会議にするためには火曜日に会議を開くのが最適だと考えるのは理にかなっています。さらに言うと、ランチの直後がベストな時間帯です。200万を超える回答をまとめた調査によると、火曜日の午後2時半(現地時間)が会議を開くのにうってつけのようです。

この調査はイギリスのスケジューリング会社YouCanBookMeによって行われました。YouCanBookMeは同社の顧客ベースの反応を集めて分析し、会議を開くのに理想的な曜日と時刻を解明しました。以下は、米ニュースサイト「Quartz」からの引用です。

”企業向けのスケジューリングアプリを開発しているイギリスの企業YouCanBookMeが実施した調査によると、もし確実に全員が出席できるように予定を組みたければ、会議を開くのに最適なのは火曜日の午後です。同社は53万件の招待に対する200万人以上の回答から得たデータを処理し、大抵の人が自由なのは火曜日の午後2時半と結論づけました。

チーム会議が行われることの多いのは月曜の午前中ですが、実は最悪の時間帯の1つで、会議への招待に応じたのはわずか3人に1人の割合でした(従業員がオフィスにいない確率がもっとも高いのは月曜日と金曜日なのです)。また、出席率は午後に上昇します。午後には、その日にこなさなければならない仕事もいくらか片づいており、これなら会議に出席しても大丈夫と考える人が増えるからです。”

ちなみに、YouCanBookMeの創業者によると、同社は水曜日の午後3時に全員参加の会議を開いているそうです。理屈はこうです。1週間の中で水曜日には、すでにいろいろなことが起こっているので、スタッフは自分のやるべきことを把握していますし、報告すべき議題も出てきています。また水曜日なら、必要であれば少し変更を加えたり、仕事をがんばったり、優先事項を動かしたりするのに十分な時間もまだ残っています。

いずれにせよ、あなたが会議を計画しなければならない、あるいはその立場にある人を知っているのなら、これらの要因は一考に値するかもしれません。


Here's the Best Day and Time to Hold a Meeting | Quartz via PayScale

Alan Henry(原文/訳:阪本博希/ガリレオ)

最終更新:8/28(日) 22:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。