ここから本文です

レアル、“BC”不在も開幕2連勝。クロースの精密ミドルがチームを救う

フットボールチャンネル 8/28(日) 5:15配信

【レアル・マドリー 2-1 セルタ・デ・ビーゴ リーガ 第2節】

 スペイン・リーガ・エスパニョーラ第2節が現地時間の27日に行なわれ、レアル・マドリーはホームでセルタ・デ・ビーゴと対戦した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 引き続きクリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマを負傷で欠くマドリーは、アルバロ・モラタとマルコ・アセンシオが先発に名を連ねる。すると前半はルカ・モドリッチのミドルシュートを中心にゴールに迫るも、決めきれずにスコアレスでハーフタイムを迎える。

 後半も攻め立てるマドリーは56分に左サイドでFKを奪う。これをベイルが渾身の左足シュートを放つも、ここはGKのファインセーブに防がれた。

 それでも60分、ようやくマドリーに先制点が生まれる。GKのパスミスを拾ったマドリーは一度アセンシオのシュートがGKに防がれるも、モラタが豪快にシュートを叩き込み1-0とした。

 しかし67分、セルタが反撃に成功する。オレジャーナがバイタルエリアでボールを受けると、豪快なミドルシュートを決め1-1と追いつく。

 それでも81分、再びマドリーが引き離す。カウンターから最後はクロースが精密なコントロールによるミドルシュートをゴール右隅に決めた。そのまま試合は2-1で終了。苦しみながらもマドリーが2連勝を収めている。

【得点者】
60分 1-0 モラタ(レアル・マドリー)
67分 1-1 オレジャーナ(セルタ)
81分 2-1 クロース(レアル・マドリー)

フットボールチャンネル

最終更新:8/28(日) 6:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。