ここから本文です

イマドキの女性が結婚相手に求める3つの条件

@DIME 8/28(日) 19:43配信

デジタルマーケティングカンパニーのADDIXが運営する、女性たちの動向やインサイトを探る情報サイト「BWRITE(ブライト)」は、「女性の結婚の条件についての意識調査」の結果を発表した。

■「結婚相手に求めるもの」上位3つは「誠実さ」「同じ価値観」「家族を大事にする」

今、女性が結婚相手として求めているのは、いったいどんな男性なのだろう。「結婚相手に求める3条件」として、14の選択肢から3つ選んでもらった。その結果は、1位「誠実である」、2位「価値観が同じ」、3位「家族を大事にする」。上位3位までを、男性のスペックではなく、人物の内面的な要素が占めた。

女性が男性に求める条件というと、バブル期のいわゆる「三高」、「高学歴・高収入・高身長」が有名だが、今はだいぶ変わっているようだ。「高学歴」「高身長」は最下位の14位と13位となっており、結婚相手の条件としてはあまり重要視されていない。

また、かつての「三高」のもう1つ、「高収入」につながる選択肢を見ると、「経済力がある」は4位、「収入が安定している」は6位となっている。「経済力がある」「収入が安定している」の少なくともどちらかひとつを選んだ女性は200人中122人と約6割。「経済力」は、依然として結婚の条件として重視されているようだ。

■女性が結婚相手に求める「経済力」は、「高収入」とは限らない?!

ところで、今の女性が男性に求める「経済力」は、バブル時代を同じく、やはり「高収入」のことなのだろうか。結婚相手の理想の年収についての質問には、1位「500万円くらい」(29.5%)、2位「1000万円くらい」(16.5%)、3位「600万円くらい」(9.5%)という結果が出た。

もっとも低い「300万円くらい」は5.0%、もっとも高い「1000万円超」は7.0%と、回答には、かなりのバラツキが見られる。結婚生活の基盤となる「経済力」だが、どの程度の「経済力」を相手に求めるかについては、女性たちの考え方はさまざまなようだ。

「結婚相手に求める収入について、あなたの考えにもっとも近いものをお選びください。」という設問に対して、「平均的な収入はほしい」が46.5%、次いで、わずかな差で「高ければ高いほうがいい」が44.0%。「生活ができる程度であればいい」と回答した女性も9.0%いた。「高ければ高いほうがいい」と答えた「高収入」を求めている女性は半数ほどで、残りの女性は「平均的な収入」もしくは、それ以下の収入でもかまわないと答えている。

これを年代別に見ると、35歳以下と、36歳以上で傾向に違いが見受けられた。35歳以下では「平均的な収入はほしい」が「高ければ高い方がいい」を上回っているのに対して、36歳以上は「高ければ高い方がいい」と答えた人のほうが多い結果に。この辺りの年代で、結婚相手の「収入」への意識に違いがあるようだ。

具体的なコメント見ると、「高ければ高い方がいい」と答えた人からは、
「お金があって困ることは何もないので。(23~28歳/フルタイム勤務)」
「金銭的なゆとりは、精神的なゆとりにもつながるので。子供ができたら、しっかりとした教育を受けさせるためにも必要。(23~28歳/フルタイム勤務)」
「お金で喧嘩をしたくないから(36歳以上/パート・アルバイト)」

「平均的な収入はほしい」と答えた人からは、
「金銭感覚狂うくらいのお金は家庭を壊すし、ちょうどいいのが一番(18~22歳/学生)」
「収入が高いと価値観が変わる。ある程度の収入で節約して、貯金しながら生活したほうが気持ちも充実する」(18~22歳・フルタイム勤務)
などの声がありました。

「三高」時代と同じく結婚相手に「高収入」を求める女性もいる一方、「平均的な収入」を望む女性も同じくらいいる様子。「お金は大事だけど多すぎるのもイヤ」という人、「収入が高いのに越したことはない」という人、さまざまな考え方の女性がいるようだ。

■いま、女性が結婚に求めるものは、自分らしく「居心地のよい暮らし」

男性に求める収入についての価値観の多様化は、女性が思い描く結婚像の多様化も表している。「結婚後のキャリアの理想」を聞いたところ、18~28歳の女性の42.4%が「結婚しても、子供を産んでも、仕事を続けたい」と答えた。また、未婚女性の36.8%が同じく、「結婚しても、子供を産んでも、仕事を続けたい」と答えている。一方、かつての主流派である、「結婚したら仕事をやめたい」は、18~28歳の女性の12.1%、未婚女性の14.9%と今やすっかり少数派。自分も仕事をしつつ、支え合って暮らす結婚生活をイメージしている女性が多く、金銭的に男性に100%支えてもらうことを望む女性は少ないようだ。

最後に、女性が結婚相手の男性に何を求めるかを自由回答で聞いてみた。その結果、コメントで目立ったのは「一緒にいる時の居心地の良さ」「安心感」「優しさ」「包容力」というワード。そこからは、今の女性たちが、身の丈に合った、居心地のよい暮らしを望んでいる様子がイメージできる。

代表的なコメントは、次のようなもの。
「一緒にいて落ち着く、困難なことがあってもこの人となら乗り越えていこうと思える人(23~28歳・パート/アルバイト)」
「一緒に子育てや生活を楽しむことができる人(36歳以上・パート/アルバイト)」

生き方も働き方も多様化した今、女性が求めるものは、バブル期のように目に見えるものから、それぞれの女性が願う精神的な満足感に移行しているようにも思える。

【調査概要】
調査実施機関:BWRITE
調査実施期間:2016年5月25日(水)~6月3日(金)
調査対象・人数:18歳以上の「Skets」会員女性200名(有効回答)
調査方法:WEBアンケート方式
アンケート収集元:共創コミュニティサービス「Skets」

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/28(日) 19:43

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。