ここから本文です

道ばたにアンモナイト!?“地質学ハイキング”が面白い!

@DIME 8/28(日) 20:10配信

■チロル旅行のついでに山歩き

 モンブランやマッターホルン、アイガーなど4000m急の名峰が連なるアルプスに比べるとやや地味な印象ではあるが、オーストリアとイタリアにまたがるチロル地方にもトレイルが豊富。アルプス同様、日帰りハイキングから縦走、ロングトレイルまで体力や目的に応じて自在に選べるうえ、チロル地方はのんびり、素朴な雰囲気だ。

 表示板もわかりやすく、スキー場のリフトやロープウェイを利用するコースは、休日になるとたくさんのカップルやファミリーが自然を楽しみながらのんびり歩いており、30L程度のデイパックと靴があれば「旅行のついでに山歩き」ができるのが、おもしろい。

■海底の名残が見つかる地質学ハイキング

 チロル地方の数あるトレイルの中でも個性的なのは、ヨーロッパで一番美しい村と称されるレッヒの「地質学ハイキング」。歩きながらアンモナイトや古代のイカ、貝など周辺がかつて海底だったことを示す化石が見られるため、地質好きでなくとも興味をそそられるトレイルだ。

 コースはゴンドラのリューフィコプフ(Rufikopf)山頂駅周辺の”Geoweg Rufikopf(歩行時間約1.5時間)”と、バスで行くホルマリン湖(Formarinsee)の “Sea of Stone(歩行時間約3.5時間)”の2つで、どちらもゆるやかなアップダウンだから家族連れも多く訪れている。地形を眺めながら海底だったころを想像したり、どこに化石があるのか目をこらしながらの山歩きは楽しく、思っている以上に時間をかけて歩くことになる。バスは1時間に1本で、ゴンドラは30分に1本の運行なので、帰りの時間を計算して行動したい。

ホルマリン湖は標高約1800m、リューフィコプブは標高2350mだが、約2億年前は海底だったのだとか。そのため、道の脇には海の生き物がはりついた石がゴロゴロ。やっぱり見つけてテンションがあがるのはアンモナイトだ。リューフィコプブでは火曜の朝9時45分より、ガイドツアーが行われているのでそれに参加してもいい

■駐車場の使い方は日本と同じ
 
 地質学ハイキングのベースとなるレッヒは、各国王族が訪れる高級リゾートではあるがメインストリートは歩いて15分程度で通り過ぎてしまう小さな村。ロープウェイやバスの乗り場はすぐに見つかるだろう。

 レンタカーの場合、教会そばにある立体駐車場に止めてロープウェイやバスを利用するのだが、入り口は非常に狭く、2階、3階へと上る通路はカーブもキツイ。壁にはこすった跡がいっぱい残っているので、慎重にクルマをすすめよう。駐車場の支払いは日本と同じ。出庫の前に駐車券を精算し、そのカードをゲートに差し込めば開く仕組みだ。もちろん英語表示にできる。

 日帰りトレッキングに必要な持ち物は、水と地図(町のインフォメーションで手に入る)、レインウエア、サングラスと帽子、ライト、貴重品、フルーツやクッキーなどの行動食。足元はスニーカーでもなんとかなるが、やはりローカットでもいいのでソールが厚めですべりにくいトレッキングシューズがほしい。

 日本では本年より8月11日が「山の日」と制定され、登山への関心がにわかに高まっているけれど、頂上を目指す”登山”だけが山を楽しむスタイルではない。準備は万端に、けれどももっと力を抜いた山歩きを楽しんでみては。

文/大森弘江

@DIME編集部

最終更新:8/28(日) 20:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。