ここから本文です

バイエルン生え抜きエース、新指揮官に親近感を抱く「ペップはクレイジーだった」

フットボールチャンネル 8/28(日) 7:10配信

 バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、今季より指揮官に就任したカルロ・アンチェロッティ監督に親近感を抱いているようだ。27日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 アンチェロッティ体制の新生バイエルンは、最高な形でブンデスリーガの幕を切った。バイエルンは、ブレーメンとの開幕戦で6-0と大勝。そこで同クラブの生え抜きであるミュラーは、昨季まで指揮を執っていた前任のジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ監督)と比較しながらアンチェロッティ監督を称賛している。

 ミュラーは、「グアルディオラ監督は理想的な戦術案について毎日考えていたよ」と前任監督について話すと、「一方でアンチェロッティ監督は、より僕ら選手やチームの傍にいてくれている」と好感触な返答をした。

「ペップは彼の世界にいるんだ。まるで完璧なバランスをとるために、あらゆるゾーンで2メートルや3メートル選手を移動させることを一日中考えていたかのようだったよ。彼は良い意味でクレイジーだった」

 一方で、アンチェロッティ監督のトレーニング方法は全く異なるようだ。「アンチェロッティ監督とのトレーニングは楽しいよ。彼は選手たちに手を貸そうとするし、僕らの中心にいるんだ。彼と共にタイトルを獲りたい」と親近感を抱いている。

 グアルディオラ監督とアンチェロッティ監督。どちらも名将だが、アンチェロッティ監督の方が選手から好感を持たれているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/28(日) 7:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。