ここから本文です

セリエA、水分補給のためにタイムアウトを採用。W杯を除き公式戦では世界初

フットボールチャンネル 8/28(日) 7:30配信

 非公式戦や2014年にブラジルで開催されたワールドカップ(W杯)を除き、セリエAで世界初めてタイムアウトが採用された。27日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【動画】伊紙が特集したミラン本田の“多彩な美技”映像

 現地時間27日に行われたイタリア・セリエA第2節でユベントスとラツィオが対戦した。前半の28分、この試合の主審を務めていたマルコ・グイダレフェリーがタイムアウトを採用し、試合を一時中断。そこで両チームの選手たち全員がベンチ付近へと戻り、水分を補給している。

 イタリアのプロサッカーリーグ運営団体レガ・カルチョは、8月の暑さを考慮し、同月に行われる第1節と第2節の全試合をナイターゲームにすることに決定。その内4試合のみ現地時間の18時から試合が開始することになっている。

 この試合が行われた当時のローマの気温は29度。湿度も49%と、1994年にアメリカ合衆国で開催されたW杯や2014年にブラジルで開催されたW杯と比べてそこまで標準を上回りすぎるほどの蒸し暑さではない。

 しかしラツィオのシモーネ・インザーギ監督がグイダ主審にタイムアウトを要求すると、同主審は承諾。さらに、ハーフタイムの時間を15分から18分以上にまで延長する決断もしている。

 2014年のW杯ブラジル大会や夏季プレシーズンマッチを除き、公式戦でタイムアウトが採用されたのはこの試合が世界初めてとなる。今回の採用は、本格的にサッカーにもタイムアウト制が導入されるための今後の模範となるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/28(日) 8:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。