ここから本文です

「アルカセルが来るか、誰も来ないかだ」バルサSD、第4のFWをあきらめず

フットボールチャンネル 8/28(日) 8:10配信

 バルセロナは、バレンシアのFWパコ・アルカセルの獲得をまだあきらめていない。チームのスポーツディレクター(SD)がそう明言している。26日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 MSN(リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール)の控えとなる第4のFW探しにいまだ奔走中のバルセロナ。ロベール・フェルナンデスSDは「8月31日まで移籍市場は開いている。我々が彼に興味を持っているのは確かである」と22歳のFWへの関心を隠さない。

 そして「我々にはまだ時間が残されている。私は楽観主義者だ。最後の1日まで全ての可能性を追いかけるつもりだ」と述べ、「もし、アルカセルが獲得できなければ、他のFWを獲得しないことははっきりしている。彼が来るか、誰も来ないかということだ」とアルカセル以外のターゲットがいないことも明らかにしている。

 かたくなにアルカセル獲得に執着するバルセロナ。一方で、バレンシアもまたチームの若きスターの放出を強く否定している。果たしてこの綱引きの行方はどうなるのか。タイムリミットは残すところあとわずかだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/28(日) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。