ここから本文です

去就問題浮上の「10番」ハメスは「きっと残留する!」 2試合連続サブ起用もジダン監督明言

Football ZONE web 8/28(日) 16:10配信

セルタ戦で2-1勝利後、こう着状態打開のキーマンに評価

 レアル・マドリードは現地時間27日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ第2節セルタ戦で2-1と連勝スタートとなった。去就に注目が集まるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは2試合連続でベンチスタート。後半途中からのプレーとなったが、ジネディーヌ・ジダン監督は「きっとハメスは残留するだろう」と語っている。スペイン紙「マルカ」が報じている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 開幕戦に続き、レアルはセルタ戦でも看板3トップ「BBCトリオ」の元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのふたりを欠き、前半はスコアレスで折り返した。しかし後半15分、右サイドからのクロスを受けた新鋭MFマルコ・アセンシオのシュートのこぼれ球を詰めたスペイン代表FWアルバロ・モラタが先制点を奪い取った。

 その7分後にセルタMFファビアン・オレジャナに鮮やかなミドルを決められて同点とされたレアルだったが、同37分にドイツ代表MFトニ・クロースが約20mの位置からグラウンダーでのミドルシュートを決めて勝ち越し。苦しみながらも2連勝を飾った。

ユベントス、チェルシーなど移籍先の名前も

「私は試合終了まで自分たちを信じるように望んでいたし、それを成し遂げることができた」

 ジダン監督はこのように語りつつ、後半24分にクロアチア代表MFルカ・モドリッチと交代でピッチに入ったハメスについても言及した。

「私はハメスから良いプレーを見ているし、皆さんが言っているように彼はきっと残留するだろう。選手交代は何か特別なものを我々にもたらしてくれた」

 背番号10は膠着した展開を変化させるキーマンとして機能したと評価した。ただハメスとしては2戦連続での途中出場となり、レギュラー扱いを受けていないのも事実。ユベントスやチェルシーなどの他国ビッグクラブが獲得を狙っているとレポートされている。移籍市場閉幕が近づく中でレアルの「ナンバー10」はどのような決断を下すのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/28(日) 16:10

Football ZONE web