ここから本文です

ブンデス得点王巡るSNS上の場外バトル レバンドフスキがオーバメヤンの挑戦状に「3-2!」と返礼

Football ZONE web 8/28(日) 17:50配信

開幕戦でハットのレバ対2得点のオーバ

 バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキがドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンからの宣戦布告に対抗心を燃やし、SNS上で今季のブンデス得点王の座を巡る“公開バトル”を展開している。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 昨季ブンデスリーガで30得点を決めて得点王になったレバンドフスキは、26日に行われたブレーメンとの開幕戦でハットトリック達成。圧倒的な決定力をいきなり見せつけた。すると昨季25得点で得点ランク2位だったオーバメヤンはツイッターでライバルに向けたリプライで「ワオ!レースが始まったね。ハットトリック」と笑顔と拍手の絵文字付きで投稿した。

 翌日に行われたドルトムント対マインツ戦では、オーバメヤンが2得点で応戦した。これに対して、今度はレバンドフスキが「レバンドフスキ vs オーバメヤン 3:2!」とウインクの顔文字付きで投稿。レバンドフスキもオーバメヤンの挑戦状に返礼した格好だ。

 2人は2013年にドルトムントで共闘した元チームメートで、仲も良好だが、得点王の座はどちらもこだわりがある様子だ。共に固め打ちの多いストライカーだ。レバンドフスキは昨季、1試合複数得点を計8試合で記録。最速5得点など4部門でギネス認定された9月22日ヴォルフスブルク戦の1試合5ゴール以外にも、ドッペルパック(ドイツ語で1試合2得点)を7度も達成した。

 対するオーバメヤンも開幕から8試合連続得点というリーガ記録を打ち立てただけでなく、6試合でマルチ弾を達成している。

 昨季は最終的には5点差をつけたレバンドフスキが得点王となったが、今季もブンデスリーガを熱くさせる2人のハイレベルな争いに注目が集まる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/28(日) 17:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。