ここから本文です

補強進まぬミラン新監督が中国人オーナーに嫌味炸裂!「間違えた住所に小切手を…」

Football ZONE web 8/28(日) 20:00配信

ナポリ戦敗戦後の会見で苦しい財政状況にチクリ

 ACミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がクラブを買収した中国人オーナーに対する絶妙な嫌味を爆発させた。

伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 退場者を二人出す展開で2-4で敗れたナポリでの一戦後、モンテッラ監督は今夏の移籍市場で未だに苦しい財政事情を嘆いた。

「我々は経済的に制限があることを理解している。今日新聞の見出しを見たんだけど、もしかしたら中国人のオーナーは間違った住所に小切手を送ってしまったのかもしれないね」

 地元テレビ局「メディアセット」のインタビューで指揮官はこう語った。ライバルのインテルもミラン同様、中国人オーナーに身売りされたが、補強状況は180度異なる。リオデジャネイロ五輪で3得点を決めたブラジル代表FWガビゴルこと、ガブリエル・バルボサとスポルティングからポルトガル代表MFジョアン・マリオを獲得し、2人に移籍金7200万ユーロを費やした。

 その一方で、売却手続きが完了しない状況からミランの中国人オーナーは強化部に補強資金の制限を言い渡していると、地元メディアは報じている。その影響で例年同様の移籍金格安の訳あり補強路線を突っ走るミランの現状について、若き戦略家はインテルの状況を見れば、嫌味の一つを飛ばしたくなったのかもしれない。

いまだ大型補強なく「悲しみが…」

「マーケットはまだ開いている。2、3日で何が起こるか見よう。起こるはずだったこと、起きなかったことに関しては僕も少しばかりの悲しみを感じているんだ」

 今季の新加入選手で先発したのは23歳のパラグアイ代表DFグスタボ・ゴメスのみ。FWラパドゥーラ、MFソサは途中出場で、いずれも現時点でトッププレイヤーとは呼べない実力である。

 レアル・マドリードのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ、チェルシーのコロンビア代表FWフアン・クアドラード、ビジャレアルのアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオの獲得はいずれも空振りに終わった。現状では指揮官の満足できる補強ではないことは明白だ。

 来年1月の移籍市場でチャイナマネー投入と報じられているミランだが、1月のマーケットではトッププレイヤーが動くことはほとんどない。3年連続で欧州のカップ戦出場権を逃したミランは、また失意のシーズンを送ることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/28(日) 20:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。