ここから本文です

「このままじゃ残留争いだ」グリーズマン、連続ドロースタートに危機感

フットボールチャンネル 8/28(日) 20:10配信

 まさかの開幕から2戦連続ドロースタートとなった、アトレティコ・マドリー。エースのアントワーヌ・グリーズマンは「残留を争うことになる」と危機感を募らせる。28日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】グリエーズマン、Cロナ、ペペ…EURO2016のベストイレブン(UEFA発表)一覧

 ホームでの開幕戦をドローで終えたアトレティコ。第2節、アウェイでの昇格組レガネスとの一戦で今季初勝利を目指したが、まさかのスコアレスドロー。2試合を終えて勝ち点2。連勝スタートの宿敵レアル・マドリーとはこの段階で早くも4ポイントの差をつけられたことになる。

 この試合で、今季初出場を果たしたFWグリーズマンは、この状況に「もしこのままだと、残留争いをすることになる。目を覚まさなければいけない。我々は、我々自身を見失っている」と危機感を募らせる。そして、自分自身にも「トップフォームにはまだリズムを欠いている」と厳しい評価を下している。

 「まだ我々はピークになく、不安を抱いている」とシメオネ監督はコメントを残す。3年ぶりのリーガ王者奪還を目指したシーズンで、まさかのスロースタートとなってしまったが、まだ2節。ここからどうチームを立て直してくるのか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/29(月) 0:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。