ここから本文です

ユーベの伊代表FW、プレミアに参戦。31億円でウェスト・ハムへの移籍が決定

フットボールチャンネル 8/28(日) 20:50配信

 ユベントスは、イタリア代表FWシモーネ・ザザがウェスト・ハムへ移籍したことを発表した。23日に同クラブの公式サイトが報じている。

【動画】伊紙が特集したミラン本田“多彩な美技”映像

 ザザは、今夏にユベントスへ加入したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに加え、同じくアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとクロアチア代表マリオ・マンジュキッチの控えとなる4番手に位置付けされていた。

 それにより、出番を求めてヴォルフスブルクへの移籍を決断するも交渉は破談。そして、負傷離脱したFWアンドレ・アイェウの代役を探していたウェスト・ハムとの交渉の末、無事移籍が決定した。

 移籍金は合計で2800万ユーロ(約31億円)となる。ウェスト・ハムは、2000万ユーロ(約22億7000万円)での買い取り義務付き500万ユーロ(約5億6000万円)での期限付き移籍でザザを獲得。そしてさらに300万ユーロ(約3億4000万円)のボーナスが発生することになっている。

 ザザは昨季にユベントスへ加入。1試合平均39分間と出場時間は少なかったが、限られた時間内に8得点2アシストを決めて見事に結果を出してみせた。そして先日フランスで開催されたEORO2016にも代表メンバーの1人として出場している。

フットボールチャンネル

最終更新:8/28(日) 20:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。