ここから本文です

米人気バラエティ「カープール・カラオケ」 起用楽曲が軒並み大ヒットに

Forbes JAPAN 8/28(日) 8:00配信

アップルミュージックが7月、CBSテレビの深夜のトーク番組「ザ・レイト・レイト・ショー」の人気コーナー「カープール・カラオケ」の放映権を獲得した。16エピソードを放映する契約だという。



このコーナーは絶大な人気を誇っており、その恩恵は司会のジェームズ・コーデンのみならず、コーナーで歌われた楽曲にまで及んでいる。これまで出演した有名人の中には人気ブロードウェイミュージカル「ハミルトン」の主演リン・マニュエル・ミランダやアデルがいる。アデルはカニエ・ウェストの「モンスター」のニッキー・ミナージュのパートをカバーし、その映像はYouTubeで1億2,000万回再生されている。

調査会社ニールセンのデータによると、ミシェル・オバマ大統領夫人が番組に出演以降、コーナーで歌われたスティーヴィー・ワンダーやビヨンセ、同乗したミッシー・エリオットの楽曲の売上が上がった。

さらにこのエピソードが放映された7月20日の週では、エリオットの「ゲッチュア・フリーク・オン」が前週と比べて22.7%増の50万回近くストリーミング再生された。他の楽曲の再生回数も、ワンダーの「涙をとどけて」が7.9%、ビヨンセの「シングル・レディース」が6.4%上がった。

上記3曲はストリーミングサービスのパンドラでも人気が上昇した。ユーザーが聴きたい楽曲を登録できるステーションへの追加に関しては、「涙をとどけて」で140%以上の増加、「シングル・レディース」で40%増、そして「ゲッチュア・フリーク・オン」は200%近い増加を見せた。アデルが「モンスター」を披露したクリップは1月に522%増を示している。

「いいね」が13倍に伸びた事例も

「カープール・カラオケ」にかかわったアーティストのフォロワー数も増える傾向にある。例えばエリオットのフェイスブックではエピソード放映後およそ1週間で「いいね」が1300%増えた。さらにインスタグラムでは187%、ツイッターでは24.5%もフォロワー数が増え、放映の前の週と比べてエリオットのウィキペディアページの閲覧回数は315%も上昇した。

「カープール・カラオケ」は今後、ジェームズ・コーデンが司会を降板し、新たなホストを迎えてのオンエア継続が決定している。新装版の放映開始後も、フィーチャーされたアーティストへの恩恵が続くことを願うばかりだ。

Liv Buli

最終更新:8/28(日) 8:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。