ここから本文です

理想的な形でレスターが今シーズン初勝利! 岡崎は攻守に存在感を見せ、拍手喝采を受ける!

SOCCER DIGEST Web 8/28(日) 1:16配信

ヴァーディーのシーズン2点目が流れを呼び込む!

 8月27日、プレミアリーグ第3節が行なわれ、岡崎が所属するレスターはホームでスウォンジーと対戦した。
 
 前節、スコアレスドローに終わったものの、強敵アーセナルを相手に善戦したレスター。シーズン初勝利を目指す今節のスタメンにも岡崎は名を連ねた。
 
 ホームで何としても勝点3が欲しいレスターは、キックオフ直後から積極的にプレッシャーをかけていった。そしてボールを奪取してからは素早く相手ゴール前に攻め入って、チャンスを創出した。
 
 そのレスターがこの試合、最初の決定機を掴む。11分、ゴール前で得たFKをマハレズが直接狙うが、枠を捉えることはできなかった。
 
 一方のスウォンジーは今夏の移籍市場で獲得した長身FWのジョレンテにロングボールを当てるシンプルな作戦で隙を窺うが、レスターのハイプレッシャーにパスの起点を潰され、チャンスを生み出せなかった。
 
 時間の経過とともに試合はボールを支配するレスターと守勢に回るスウォンジーという構図になり、前者が陣深くに攻め込むシーンが増えていった。
 
 そうしたなかで、攻め続けたレスターが試合を動かす。
 
 32分、ハーフウェーライン付近でボールを持ったドリンクウォーターが、相手最終ラインの背後にロングボールを送る。このパスが走り出していたヴァーディーに繋がり、最後は相手GKとの1対1を制し、エースが右足で豪快にネットを揺らしたのだ。
 
 先手を取ったレスターは、なおも攻勢を強め、43分には岡崎がバイタルエリア左から強烈なミドルシュートを見舞う。これは惜しくも相手GKファビアンスキの好セーブに阻まれたが、レスターはピンチもほとんど招くことなく前半を終えることに成功した。
 
 危なげない戦いでリードして後半を迎えたレスターは前半とは異なり、自陣に人を割き、相手にボールを持たせて守勢に回った。そして、セットプレーから再びネットを揺らしてみせる。
 
 52分、右CKをマハレズが蹴ると、主将のモーガンが競り合ったボールのこぼれ球を自ら右足で押し込み、貴重な追加点を奪ったのだ。
 
 これで勢いに乗ったホームチームは、55分に岡崎がペナルティーエリア内で倒され、PKを獲得。しかし、この決定機をキッカーのマハレズがファビアンスキに止められ、さらにこぼれ球に岡崎が詰めるが、再びポーランド人GKの堅守が立ちはだかった。
 
 PKは失敗に終わったものの、レスターは追加点を奪ったことで完全に試合を掌握。78分には運動量が落ち始めた岡崎に代えて、パワーのあるFWウジョアを投入。ラニエリ監督は前線でタメを作り、時間を消費させようと図る。
 
 しかし、次第に雨脚が強まり、双方にミスが目立つようになるなか、80分にスウォンジーが反撃の1点を奪う。右サイドでフリーとなったバロウの絶妙なクロスボールにフェルが打点の高いヘッドで合わせ、ネットを揺らしたのだ。
 
 85分過ぎにはピッチに水しぶきが上がり、視界も悪くなるほどの豪雨となった試合は、サイド攻撃から同点弾を奪おうと猛攻を仕掛けるスウォンジーを、レスターが身体を張った守りで何とか凌ぎきり、2-1で終了した。
 
 最後は悪条件のピッチに苦労しながらも、レスターはハイプレッシングからのカウンターとセットプレーで得点を奪う理想的な形で、今シーズン初勝利を手にした。

【フォーメーション図】レスター 2-1 スウォンジー

最終更新:8/28(日) 1:31

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。