ここから本文です

香川フル出場のドルトムント、白星発進! マインツは交代出場の武藤がゴール!!

SOCCER DIGEST Web 8/28(日) 1:43配信

香川はよく動いたが、欲しい位置やタイミングで受けられず。

 8月27日(現地時間)、ブンデスリーガの第1節でドルトムントは2-1でマインツを下した。
 
 フィールドプレーヤーに関しては22日に行なわれたDFBカップ1回戦(対アイントラハト・トリアー)と同じメンバーをピッチに送り込んだドルトムント。香川はこれまで同様、トップ下に就いた。一方、怪我人続出のマインツでは、武藤がベンチスタートとなった。
 
 試合は序盤、マインツが高い位置から相手にプレッシャーをかけ、ドルトムント陣内でプレーする時間が長くなる。対するホームチームは、細かいパスを封じられ、デンベレのスピードを活かすなどして、マインツ・ゴールに迫ろうとした。
 
 17分、香川のパスを受けたデンベレが右サイドからクロスを上げ、これを逆サイドのシュールレが頭で落とし、中央でオーバメヤンがシュートを放つも、GKレッスルの攻守に阻まれる。
 
 この試合初の組織的プレーは得点に結び付かなかったが、その直後の左CK、ショートコーナーで香川とパス交換をしたシュールレがライナー性の鋭いクロスを入れると、逆サイドから走り込んだオーバメヤンがゴール左隅に突き刺して先制ゴールを奪った。
 
 一方、それまで意外性に欠ける攻撃を繰り返してきたマインツだったが、26分にフレイ、27分にクレメンス、そして29分にオニシウォが惜しいシュートを放つ。この時間帯は、相手のボールをカットしてからのショートカウンターも効果的だった。
 
 しかし、ここではドルトムントGKのビュルキが再三攻守を見せて得点を許さず、ホームチームは1点リードのまま前半を終えた。
 
 後半に入って3分、ドルトムントはシュールレが中央に切れ込んで巻いたシュートを放ち、その直後にマインツはDFラインの裏に抜け出したクレメンスが決定的な場面を迎えたが、両チームともに得点には至らない。
 
 以降、ドルトムントは攻勢を強め、マインツがラインを下げたこともあって、ボールを保持する時間が長くなったが、デンベレ、シュールレが頻繁にポジションを入れ替えたり、シュメルツァー、パスラックの両サイドが積極的に上がったりするも、相手の守備は崩せずに時間は過ぎていく。
 
 香川はよく動き、守備にも積極的に絡んだが、攻撃面ではなかなか自分の欲しい位置やタイミングでボールを受けられない。DFラインの裏に抜けようとする動きに対しては、CBバルトラが反応して再三パスを送るも繋がらず、相手の嫌がるような決定的なプレーは少なかった。
 
 しかし89分、自陣からボールを持ち込んだ香川が交代出場のSBピシュチェクにパスしたプレーから、ボールを受けたシュールレが右サイドから仕掛け、ペナルティーエリア内で腕を掴まれて倒されてPKをゲットする。
 
 この決定機を決めたのはオーバメヤン。GKの逆を突き、2点目を挙げた。前日にハットトリックを決めたバイエルンのレバンドフスキを追うのは、やはり今シーズンも彼になりそうだ。
 
 これでドルトムントは安全圏に入り、アディショナルタイムを迎えたが、マインツは右サイドでドナーティがシュメルツァーからボールをカットし、縦パスを通す。これを受けたデ・ブラシスがクロスを上げると、ゴール前で待ち受けていたのは武藤だった。
 
 81分に交代出場していた彼は、それまでほとんどプレーに絡めていなかったが、初めて訪れたチャンスを力強いヘッドで活かし、今シーズンの初シュートで初ゴールを決めた。
 
 試合は間もなくして終了。ドルトムントは粘るマインツを振り切って、白星発進に成功した。2週間後の第2節では、ドルトムントは昇格組のRBライプツィヒと対戦し、マインツはホッフェンハイムをホームに迎えることとなる。

【武藤写真 & フォーメーション図】ドルトムント 2-1 マインツ

最終更新:8/28(日) 1:58

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。