ここから本文です

【鹿島】金崎をリスペクトする鈴木が3戦連発! 次に狙うのは“勝たせられるゴール”

SOCCER DIGEST Web 8/28(日) 9:00配信

金崎のスルーパスに抜け出し、左足で丁寧に流し込む。

[J1 第2ステージ10節]
横浜F・マリノス 2-2 鹿島アントラーズ
8月27日/日産スタジアム
 
 勢いが、止まらない。
 
 これで3試合連続ゴール。8節・福岡戦、続く湘南戦で決勝点を決めている鈴木優磨は、迎えた横浜との一戦では、28分にチームを勢いづかせる先制点をマーク。さらに85分にはファブリシオの同点弾もお膳立てするなど、1試合・1得点の活躍ぶりだった。
 
 第1ステージでは3得点を記録し、チーム内ランクでは3位の今季通算7得点目となる横浜戦でのゴールは、金崎夢生のアシストから生まれた。
 
「顔を上げた瞬間に、夢生君が素晴らしいボールをくれたので。ホント、決めるだけでした」(鈴木)
 
 金崎が横浜守備陣の背後を突くスルーパスを通す。これにタイミング良く走り込んだ鈴木は、マークに付く相手の前に一歩速くポジションを取り、右足でコントロールし、左足で丁寧に流し込んでみせた。
 
 無駄のないモーションと、正確にコースを射抜く高いシュート技術。「最近、試合を重ねるごとに、自分の中で落ち着いてやれている。ああいうトラップとか、前は慌ててできなかったけど、今は良い意味での慣れが出てきて、毎試合、良くなってきていると思う」と鈴木は手応えを口にする。
 
 しかし、その表情はどこか冴えない。横浜戦は2-2のドロー決着だった。いくら個人としてレベルアップを果たせても、「チームに反映できていない悔しさはある」と自らを戒めるように話す。
 
 3試合連続ゴールにも、喜びを表現できない。
 
「いくら点を取っていようが、FWとしては、勝たないと意味がない。(チームを)“勝たせられるゴール”を決めないといけない」
 
 なによりも、チームの勝利を欲している。とりわけ、今日のゲームに関しては強くそう思っていたのではないだろうか。
 
 横浜戦の前日練習では、石井正忠監督が体調不良により、グラウンドに姿を現わさなかった。結局、横浜戦で指揮を執ったのは、コーチの大岩剛だった。
 
 第1ステージ覇者を襲った突然のアクシデント。ノーマルモードではないチームが試合に負ければ、さらに状況は悪化するかもしれない。幸いにも、ファブリシオの一撃で敗戦は免れたが、それでも引き分けという結果に鈴木は到底、納得できなかった。
 

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 9:02

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。