ここから本文です

本田が再び出番なしのミラン、退場者2人を出してナポリとの乱打戦を落とす

SOCCER DIGEST Web 8/28(日) 6:10配信

後半早々に同点に追い付いたミランだが…

 現地時間8月27日、セリエA2節でアウェーのミランがナポリに2-4で敗北を喫した。
 
 ミランは開幕戦からCBを出場停止のパレッタから新戦力ゴメス、左SBをアントネッリからデ・シリオに変更。本田圭佑は2試合連続でベンチスタートとなった。
 
 ファーストチャンスはミラン。7分、ニアングが左サイドを破ってクロスを上げると、ゴール前に攻め上がっていたアバーテがフリーでシュートを放つ。しかし、ボールはバーの上を越えていった。
 
 そして、先制点を奪ったのはナポリ。18分、左サイドをカットインしたメルテンスが放ったシュートがポストに当たり、そのこぼれ球をミリクが押し込んだ。今夏にアヤックスから加入したポーランド代表FWにとっては、これが嬉しいセリエA初ゴールとなった。
 
 2ゴールを挙げた前節に続いて好調を維持するメルテンスを軸に攻めるナポリは、33分に早くも追加点。カジェホンの正確なCKから、再びミリクが打点の高いヘディングでゴールネットを揺らした。
 
 その後もミランは全体が間延びしてビルドアップもままならず、ナポリが2点リードのままハーフタイムを迎えた。
 
 ただ、後半に入るとミランが盛り返し、51分にはさっそく1点を返す。スソから斜めのパスを受けたニアングが左サイドを一気に突破し、そのまま左足で強烈なシュートを叩き込んだ。
 
 直後、このゴールの前にミラン側のファウルがあったとして審判に暴言を吐いたナポリのサッリ監督が、ベンチからの退席処分を受けた。
 
 勢いに乗るミランはその4分後の55分、さらに同点ゴールを奪う。ペナルティーエリア手前でこぼれ球を拾ったスソが、振り向きざまに左足を振り抜いて、ゴール左上に突き刺したのだ。
 
 しかし74分、再びナポリが突き放す。左サイドからメルテンスが放ったシュートはGKドンナルンマのスーパーセーブで防がれるも、そのこぼれ球をカジェホンが押し込んだ。
 
 直後の75分、メルテンスを身体で弾き飛ばしたクツカがイエローカードを食らう。さらに主審に暴言を吐いて警告を受け、退場処分を受ける。1点ビハインドのミランが、さらに苦境に陥った。
 
 これを受けてモンテッラ監督は、80分にアバーテとバッカに代えてカラブリアと新戦力ソサを投入すると、86分にバッカと新加入ラパドゥーラを入れ替え。ミランはこれで交代枠を使い切り、この時点で本田の出場機会はなくなった。
 
 すると88分、GKレイナのスローイングを阻止しようとして手を出したニアングが、2枚目のイエローカードを食らって退場。ミランは9人での戦いを余儀なくされることとなった。
 
 そしてナポリは94分、ハムシクのスルーパスに抜け出した途中出場L・インシーニェがペナルティーエリア内で横パスを出すと、これが必死に足を出したロマニョーリに当たり、そのままゴールラインを割った。
 
 このオウンゴール直後に試合終了のホイッスルが鳴り響き、ナポリが4-2でミランを下し、今シーズン初勝利を挙げた。

【フォーメーション図】ナポリ ●-● ミラン

最終更新:8/28(日) 6:13

SOCCER DIGEST Web