ここから本文です

【浦和】A代表選出の柏木がまさかのミス。「俺みたいな選手が失点に絡んではいけない」

SOCCER DIGEST Web 8/28(日) 8:00配信

チャンスを決め切れない展開が続くなか、思わぬ“落とし穴”が…。

[J1第2ステージ10節]神戸2-1浦和/8月27日/ノエスタ


 
 敵地に乗り込んだ浦和は、神戸に狙いどころを封じられて2連敗を喫した。この日のリーグ戦を最後に、日本代表としてロシア・ワールドカップアジア最終予選に臨む柏木陽介にとっては、ほろ苦さが残る一戦だった。
 
 ボランチの一角で先発した柏木は、試合序盤から中盤での正確なパス捌きで攻撃を構築。また、時折前線へ積極的に飛び出して、興梠慎三や武藤雄樹との連係からゴールに迫るなど、攻めにリズムをもたらした。
 
 本人も「後ろから飛び出していくことでチャンスになるのはわかっていた」と言うとおり、その動き自体は決して悪くはなかった。しかし、「そういう動きは良かったと思うけど、最終局面でパスが出なかった。結果的にそれが点につながったわけではない」のも確かだろう。
 
 ゴール前であと一歩を崩し切れない、または、チャンスを決め切れない展開が続くなか、33分には思わぬ“落とし穴”が待っていた。
 
 自陣から前線の李 忠成へ縦パスを供給すると、これに鋭く反応した神戸の高橋祥平にインターセプトされたボールが前線のレアンドロへと渡る。そこからカウンターを発動されると、最終ラインをペドロ・ジュニオールに上手く突かれて先制点を献上してしまう。
 
「(縦パスを)狙わなきゃいけないけど、それが失点につながってはいけない。俺みたいな選手が失点に絡むというのは許されないし、今後は意識して気をつけないと。今後、代表で戦っていくうえでもそういったプレーをしてはいけない。そのあたりの賢さを身につけたい」
 
 自らを戒めるように発したこの言葉から分かるように、このワンプレーに対する反省の色は濃く、さらにこの試合全体でのパフォーマンスに関しても、こう言葉を続けた。
 
「最初はフィーリング良くできていたけど、途中から疲れてしまったとも思うし、もう少しシュートを撃てたんじゃないかとか、前を向けたんじゃないかとか反省点が多い」
 
 もっとも、しっかり得点に関与したのも確かで、ズラタンのゴールシーンでは自らのパスが起点となった。「後半途中に(ボランチから)2シャドーの一角に入ってからは距離感良くプレーはできていた」と手応えも口にしたが、結果的に同点に追いつけずチームは第2ステージ初の連敗を喫した。
 
「気持ち的にしんどいけど切替えていくしかない。失点しているから負けにつながっているわけで、そのあたりも改善したい。もう少しコンパクトに、下がるところと行くところのメリハリをつけていかないと。良い時期はそれができていたからね」
 
 ここに来てやや失速しているチームは、果たして、この敗戦を教訓に再び勢いを取り戻せるのか。厳しい言葉を並べた司令塔の柏木を軸に、強者として進撃する姿をサポーターは待ちわびているに違いない。
 
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

【神戸2-1浦和】ホーム神戸が追撃を振り切って勝利!浦和との3連戦の初戦を飾る。

最終更新:8/28(日) 8:41

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。