ここから本文です

【日本代表】長友、槙野が怪我で不参加。丸山、遠藤を追加招集

SOCCER DIGEST Web 8/28(日) 16:20配信

左利きのCBとリオ五輪主将を新たに招集。

 日本協会は8月28日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選に挑む日本代表メンバーの変更を発表した。
 
 長友佑都(インテル)、槙野智章(浦和)の両DFが怪我のため不参加となり、代わりに丸山祐市(FC東京)、遠藤航(浦和)を招集することが決まった。ふたりは28日のトレーニングよりチームに合流する。
 
 槙野は協会を通じて「僕は怪我で離脱しますが、サムライ魂は置いていきます。UAE戦、タイ戦、日本国民すべての力で勝利し、次につなげましょう。僕も外からにはなりますが、精一杯チームを支えたいと思います」とコメントしている。
 
 日本代表は9月1日にホームでUAEとの初戦を迎え、同6日にアウェーでタイと対戦する。
 
 

【日本代表PHOTO】アジア最終予選に向けた日本代表メンバー24人

最終更新:8/28(日) 16:25

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。