ここから本文です

【川崎】まさかの大量失点… 風間監督も改めて痛感した「起こしてはいけない風」とは?

SOCCER DIGEST Web 8/28(日) 16:49配信

ミスに対して厳しい言葉を並べたのは指揮官よりも選手たちのほうだった。

[J1第2ステージ10節]川崎 2-5 柏/8月27日/等々力
 
 よもやの5失点で柏に敗れた川崎の風間監督は、敗因となった立ち上がりの連続失点について、率直にこう語った。
 
「皆さん見ての通り、立ち上がりが『どうしたんだろう?』というところだった。それがある意味、一番大きな問題だったのかなと」
 
 4分にCKからディエゴ・オリヴェイラをほぼフリーで飛ばせてしまい、ヘディングで押し込まれると、直後の5分にはカウンターに対応したエウシーニョがいったんはボールを奪ったものの、そのボールをかっさらわれそのまま再度D・オリヴェイラに叩き込まれた。
 
「ここ何年か見たことがない」(風間監督)という最悪な立ち上がりを見せてしまったチームは、森谷の追撃弾で1点を返すものの、その後再びセットプレーから2失点。前半だけで4失点を喫し、3点のビハインドを追うこととなってしまった。
 
 指揮官は「選手、人間がやることですから、ああいうこともあると思う」と、選手たちをかばった。むしろ、フワッとした立ち上がりに自戒の念や雰囲気の緩みを指摘していたのは選手たちのほうで、
「選手一人ひとりの集中力の問題」(小林)
「自滅。浦和戦のあのゲームの後にこういうことが起きる。(優勝は)甘くないよということ」(中村)
などと、厳しい言葉が並んだ。
 
 もちろん、立ち上がりの失態に集中力やメンタル面の問題も大きく関わりはあったのかもしれない。しかし、それでも風間監督は、失点に直結する致命的なミスのみが、試合の流れを作り出したとは考えていない。
 
「そこのミスももちろんなんですけど、最初のプレーがものすごく大事なんだと改めて思いました。そこでちょっとした風を起こしてしまった。というのは何かというと、遠いところ、開いたところから、特に自陣で逃げたパスが何回かあって、立ち上がりにそれをすぐに引っ掛けられた。それからなので」
 
 指揮官は“風を起こしてしまった”という独特の表現で、失点に関わる直接的なミスとは別のところを問題視していた。
 

【川崎2-5柏 PHOTOギャラリー】

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 17:54

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ