ここから本文です

【日本代表】代表復帰に「なんで?」と戸惑う山口蛍だが、その活躍が期待できる理由

SOCCER DIGEST Web 8/28(日) 20:05配信

「より高いレベルの中で、自分自身に厳しく問いかけて」。

 なぜ、自分が呼ばれたのか――。山口蛍の頭の中には、まだクエスチョンマークが点滅しているようだ。
 
「驚きというか、いまだに、“なんで”というか」
 
 そう思うのも無理はない。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、今年6月にハノーファーからJ2のC大阪に復帰したことを快く思っていないからだ。メンバー発表の会見時も、「まったく喜んでいない」と切り捨てた。
 
 しかし一方で、「蛍のようにしっかりボールを奪える選手はなかなかいない」と期待を寄せているのも事実だ。
 
 山口自身、自分のストロングポイントは十分理解している。アピールするとしたら、それしかない。
 
「たぶん、そこ(ボール奪取力)が一番、買われていると思う。他のことに気を取られると、自分の良さも出せなくなる。まずはそこを意識してやりたい」
 
 代表に再び、呼ばれたことの喜びや責任感といった感情はなく、今はまだ、戸惑いのほうが大きいのだろう。「やるべきことを、精一杯やりたい」と決意を口にしたが、複雑な想いを払拭するには、とにかくガムシャラにプレーするのみだ。
 
 代表という集団にその身を置くことは、本人にとっては当然、プラスになる。
 
「いろんな刺激があるだろうし、それをプラスに変えていきたい。より高いレベルの中で、自分自身に厳しく問いかけて、一つひとつのプレーをやっていきたい」
 
 モヤモヤとしたものがあるからこそ、逆に言えば、難しいことはせず、シンプルにできることをやればいい――ボールを奪うこと。ピッチに立った時、アグレッシブに相手のボールを奪いまくり、中盤の守備力を高める山口の姿が期待できそうだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:8/28(日) 21:48

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。