ここから本文です

ブリトニー・スピアーズが出演した「カープール・カラオケ」を見る

ローリングストーン日本版 8/28(日) 19:00配信

ブリトニー・スピアーズがカープール・カラオケに出演。子どもやホテルでの偽名について語り合い、女学生の格好で『ベイビー・ワン・モア・タイム』を熱唱!

レッチリが出演した、米人気番組「カープール・カラオケ」の爆笑映像を見る

ブリトニー・スピアーズは、"カープール・カラオケ"で今月号のUS版ローリングストーン誌の表紙を飾るジェームズ・コーデンの助手席に座った最新のポップ・アーティストとなった。2人は、スピアーズのヒット曲、『トキシック』、『ウーマナイザー』、『ウップス!・・・アイ・ディド・イット・アゲイン』、そしてアルバム『グローリー』からシングル・カットされた『メイク・ミー』を歌いながら車を走らせた。

このドライブ中、スピアーズは現在いる9歳と10歳の子どもに加えてさらに子どもが3人欲しいと明かした。「All that she wants is another baby(彼女が欲しいのはもう1人のベイビーだけ)」とエイス・オブ・ベイスの歌を引用して即興で歌うスピアーズ。だが、良い相手が見つからないという。理想の男性像を聞かれると、「もう男性とそういうことはないと思うわ。結婚もね。もう男性は卒業したのよ。誰かとフレンチ・キスならするかもしれないけど、もう結婚はしないわ」。

スピアーズは、ホテルに宿泊する時に使う大量の偽名の中から、そのいくつかを明かした。アニタ・ディック、アロッタ・ウォームハート、チャスティティ・モンゴメリーだ。「僕は今度から、チェックインのときに、"ブリトニーだよ、ヤな女のな"と言うことにするよ」とコーデン。

"カープール・カラオケ"のセッションの締めくくりは、スピアーズのキャリアがはじまった頃を演出していた。彼女とコーデンは、三つ編みのウイッグと、女学生風の衣装をまとい、彼女のキャリアを決定付けたヒット曲『ベイビー・ワン・モア・タイム』を歌った。

ジェームズ・コーデンが深夜のテレビ番組のキングとなった、セレブと一緒に歌う"カープール・カラオケ"を一度に振り返る動画はこちら。

Translation by Kise Imai

DANIEL KREPS

最終更新:8/28(日) 19:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。