ここから本文です

モンゴルの遊牧民のゲルが点在する 草原地帯の人口密度は意外に高い?

CREA WEB 8/28(日) 12:01配信

Magnificent View #1062ウブルハンガイ(モンゴル)

 モンゴル中央部にあるウブルハンガイ県。その名は、この国の言葉で「ハンガイの南」を意味するとおり、壮大なハンガイ山脈の南側に位置している。

 このエリアは、かつてモンゴル帝国が史上最大の国家であった時代に首都であったハラホリン(旧カラコルム)があることでも知られている。

 モンゴルの地方というと、壮大な草原がひたすら広がっているようなイメージもある。だが、このエリア全体の人口密度は比較的高く、一世帯当たりの放牧地が限られているのだそう。

 とはいえ、ほかに産業もなく、約8割の世帯が遊牧民をして生計を立てているのが現実。昔からほとんどの人が、ゲルと呼ばれる木とフェルトでできた住宅に住み、羊や牛、馬などの家畜を放牧して暮らしてきた。

 都会までの道路も整備され、近年は都会に出てゆく若者も多いとはいえ、首都のウランバートルまでは約400キロ。遊牧の風景は、まだまだ途絶えることがなさそうだ。

芹澤和美

最終更新:8/28(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。