ここから本文です

復活!ミカンせいじん 実写化するなら加藤諒?

R25 8月29日(月)7時0分配信

1990年代前半に人気を博していた子供番組『ウゴウゴルーガ』内で放送されていたCGアニメ「ミカンせいじん」が、完全新作として復活し、ネット上で話題となっている。

1992年10月から1994年3月までフジテレビ系で放送されていた『ウゴウゴルーガ』。“ウゴウゴくん”と“ルーガちゃん”という2人の子供が、個性的なCGキャラクターと自由なやり取りをしながら、シュールなミニコーナーが連発するという、少々特殊な番組だった。

同番組において、「ミカンせいじん」は『ウゴウゴルーガ』の代表的なミニコーナー。ミカンに手足が生えたような姿で、太い眉毛で笑みを浮かべる宇宙人・ミカンせいじんのシュールな生態を描いたものだ。

そんな「ミカンせいじん」が、8月25日放送のフジテレビ系バラエティ番組『#ハイ_ポール』(毎週木曜深夜)内で20秒程度のショートアニメ『ミカンせいじん現わる』として復活。ツイッターでは、

「懐かしい(? ?ω? ?) 高校生のとき、しょっちゅうミカンせいじん落書きしてたww」
「懐かしい。よくノートに描いてた」
「ミカンせいじん懐かしすぎる(;▽;)ウゴウゴくんとルーガちゃん今はどうしているのでしょうか」

などの意見が寄せられている。子供の頃に『ウゴウゴルーガ』を見ていたであろう30代が当時を懐かしがっているのだ。また、

「失礼ながら加藤諒さんてミカンせいじんに似てると思うのはうちだけ?ww」
「加藤諒で実写化するといいよ」

と、俳優の加藤諒がミカンせいじんに似ているという声も多い。たしかにミカンせいじんの太い眉毛とハッキリとした目元は加藤にそっくり。『怪物くん』や『ルパン三世』など、まさかと思うようなアニメ作品が実写化することは稀にある。『ミカンせいじん』は難しいところではあるだろうが、もし実写化される時は、ぜひとも加藤でお願いしたいところだ。

(岡本要次)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月16日(金)23時43分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場