ここから本文です

中村勘九郎、雨予報吹き飛ばす青空に大興奮 松坂桃李“馬と並走”のエピソードを明かす

エンタメOVO 8/29(月) 19:24配信

 映画『真田十勇士』真田レッドカーペットセレモニーが29日、東京都内で行われ、出演者の中村勘九郎、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、加藤雅也と堤幸彦監督が出席した。

 本作は、天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜け”の武将だったという大胆な発想で描くエンターテインメント作。この日は、新宿の街に真田のシンボルである六文銭入りのレッドカーペットが敷かれ、「真田ロード」を出演者らがウオーキングした。

 台風10号の接近で雨の予報の中、イベントに合わせたかのように青空が広がった。主人公・猿飛佐助を演じた勘九郎は「雨も覚悟していましたが、なんですかこの天気は。天もわれわれに味方してイベントを成功させてくれました。奇跡です」と大興奮で喜んだ。

 ただ一人、馬に乗ってのウォーキングとなった加藤(雅也)は、馬上から見た大都会の景色を「いいですね。皆さんもやってみるといいかもしれません」と語って笑わせた。

 くノ一の火垂を演じた紅一点の大島は「今日はスーツ姿の十勇士を見てほれぼれするぐらい格好いいですが、劇中では甲冑(かっちゅう)姿、忍者姿、戦う姿から、男の生きざまが胸に焼きつく映画です」とアピールした。

 また、霧隠才蔵役の松坂は「監督に『馬と並走してくれ』と言われたので、CGではなく馬と一緒に走りました。足がパンパンになった」と撮影を振り返った。

 勘九郎も「平らな道ではなく草がぼうぼうに生えた道で、リアルにこけている人たちがいました」と明かし、「過酷な状況で一致団結せざるを得なかった。寒さ、爆風、火、雨とどう戦うか…。このメンバーの絆は何があっても揺るがない」と確かなチームワークを語った。

 映画は9月22日から全国ロードショー。

最終更新:8/29(月) 19:24

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。