ここから本文です

「女子の妄想」だと思う男性像 1位は「○○が強い」

R25 8/29(月) 7:00配信

「男はみんな巨乳が好き」「男は甘いものが苦手」といった、女子の間で定着しているステレオタイプな男性像。思い込みありきでの扱いを受けて、「そんな男ばっかりじゃない!」とツッコミたくなった経験のある人もいるのでは? そんな現実とギャップの大きい「女子の妄想だと思う男性像」にはどんなものがあるのか、20~30代の独身男性200人にアンケートを行った(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

〈「女子の妄想」だと思う男性像TOP10〉
※21項目から当てはまるものを複数回答

1位 お酒が強い 33.0%
2位 力持ち 27.5%
3位 巨乳が好き 26.5%
4位 甘い物が嫌い 25.0%
5位 たくさん食べる 24.5%
6位 機械の扱いが得意 24.0%
7位 車の運転が得意 22.5%
8位 泣かない 22.5%
9位 弱音を吐かない 21.0%
10位 浮気性 20.5%

3割以上の男性がギャップを感じているのは、【男はお酒が強い】というイメージ。お酒の席でたくさん勧められて困った経験のある人も多いのだろう。また、2位【力持ち】や6位【機械に強い】、7位【運転が得意】などは、「男なんだからできるでしょ」と任されがちな作業。「できないとガッカリされるかも?」というプレッシャーを感じることもありそうだ。それぞれが「女子の妄想」だと思う理由についても聞いてみると、以下のようなコメントが集まった。

【1位 お酒が強い】
「(自分は)お酒が苦手だから」(26歳)
「最近は女子の方が強い」(28歳)
「弱い人もたくさんいるから」(31歳)

【2位 力持ち】
「運動してるかどうかの違いだから」(28歳)
「実際に力がないから」(26歳)
「俺が非力で華奢だから」(35歳)

【3位 巨乳が好き】
「デカければ良いという訳ではない」(39歳)
「完全に好みの問題だと思う」(36歳)
「私が好きでないから」(24歳)
「お尻が好きだから」(31歳)

【4位 甘い物が嫌い】
「自分は甘いものが好きで、パフェとか食べるが、白い目で見られることがある」(30歳)
「男は甘いものを食べないと思っていて、デザートなどの配慮がない」(30歳)
「自分も含めて周りの男には甘いものを好きな男が多いから」(28歳)

【5位 たくさん食べる】
「食べ物は質よりも量だと決め付けられる」(32歳)
「食べない人もいる」(24歳)
「最近、少食になったから」(34歳)

【6位 機械の扱いが得意】
「機械にまったく興味がなく、説明書を読んでもまったくわからないから」(33歳)
「機械音痴な男性も普通にたくさんいる」(33歳)
「そんなわけがない」(31歳)

【7位 車の運転が得意】
「車の運転は苦手だし、地図も読めない」(32歳)
「自分が下手だから。また、求められても困るから」(31歳)
「今時、車なんて女性も運転できるから」(33歳)

【8位 泣かない】
「男だって泣くのに、そういう妄想があるためか、我慢しなければいけないのがちょっとしんどい」(37歳)
「結構弱気になるし、勇ましく振舞えないときがある」(27歳)
「感動するものはする」(29歳)

【9位 弱音を吐かない】
「男は思っているほど強くないから」(25歳)
「弱音を吐きたくなる時もある」(27歳)
「凹むことはある」(37歳)

【10位 浮気性】
「人それぞれだと思います。浮気しない方が確実に多いと思います」(37歳)
「勝手な想像だけで一筋の男も沢山いる」(30歳)
「男も女も大して変わりない」(35歳)

ステレオタイプな男性像とのズレは、女子からすると「男らしくない」と見えてしまう場合もあるだろう。でも、期待に応えるために自分を偽るのはしんどいもの! 女性の皆さん、一度「妄想の男性像」は捨てて、ありのままの男たちを受け入れてもらえません?
(有栖川匠)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/23(金) 22:12

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。