ここから本文です

鴨川のサーフィンドッグ・ベリィ 犬用のウエットスーツ着用

NEWS ポストセブン 8/29(月) 7:00配信

「こんにちは、サーファーガールのベリィです! 鴨川のサーフポイントのすぐ側のサーフショップで働いてるのよ。いちばんの楽しみは、もちろんサーフィン!」

 しっぽを振りながら出迎えてくれたのは、笑顔がかわいい看板娘のベリィ。

「一緒にお店をやってるママはプロサーファーで、パパはサーフボードを作る職人。家族3人とも、生活のすべてが海!」

 サーフィングッズを販売するだけではなく、サーフィンスクールを開催したり、波情報を提供したりと、お店の仕事は多岐にわたる。

「うちのショップは、海と海好きの人たちとの中継地点みたいなものね。あ、ママが海に行くって! こうしちゃいられないわ!!」

 海に出る準備を始めたママが持ってきたのは、なんと犬用のウエットスーツ。そう、ベリィは仕事の合間にサーフィンを楽しむ、サーフィンドッグなのだ。

「波に乗るようになったのは、1歳くらいのときかな。最初はおぼれそうになってボードによじ登ったんだけど、あまりにも気持ちよくてヤミツキ! ママはいずれドッグサーフィン大会にチャレンジさせたいって言ってるから、来年あたり優勝して、ママみたいにタイトルを手に入れてるかもしれないわよ!」

【PROFILE】
名前:ベリィ(♀)
年齢:3歳
種類:犬(ゴールデンレトリバー)
勤務先 :サーフショップGLASSEA
職種:販売スタッフで看板娘
主な仕事内容:サーフィン用品を購入されるお客さまの接客。
お給料:徒歩3分のビーチで、毎日海に入れること!
好きなこと:海で泳いだりサーフィンしたりはもちろん、タライで水遊びするのも大好き!
嫌いなこと:花火の音。陸地でのお散歩。
現在の悩み:毎日がハッピーすぎて、悩みなし!
将来の夢:もっとたくさんの人になでなでしてほしい。

撮影/山口規子

※女性セブン2016年9月8日号

最終更新:8/29(月) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。