ここから本文です

経験者が実感!「離婚して良かったこと」TOP10

R25 8/29(月) 7:00配信

離婚経験のある上司・先輩の話を聞くと、離婚は相当しんどいらしい。しかし、R25が20~40代の離婚経験者の男女合計100人にアンケートを行ったところ、「離婚したことを後悔している」という人はわずか4.0%(R25調べ/協力:アイリサーチ)。翻せば、つらい思いをしてもなお離婚したメリットの方が大きかった人が多いということだろう。

では経験者は、離婚をして特に何が良かったと感じているのだろうか? 「離婚して良かったこと」についても調査を行った。

■経験者が実感!「離婚して良かったこと」TOP10

(12の項目から1~3位を選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計)

1位 自分の時間が増えた 104pt
2位 相手に気を使わなくてよくなった 97pt
3位 イライラすることが少なくなった 84pt
4位 我慢することが少なくなった 68pt
5位 自由に使えるお金が増えた 45pt
6位 自分のダメな部分が理解できるようになった 42pt
7位 義両親と付き合う必要がなくなった 41pt
8位 新しい恋ができるようになった 37pt
9位 次の恋人に優しく、寛容になれるようになった 21pt
10位 2人分の家事・仕事をしなくてよくなった 19pt

上位は僅差になったが、「自分の時間が増えた」が「相手に気を使わなくてよくなった」を抑えてトップに。様々な事柄に関して、結婚していると必然的に自由の利く幅が減るのは間違いないが、なかでも“自分の時間”を取り戻したことを歓迎した人が多いようだ。このほか、「自分のダメな部分が理解できるようになった」(6位)、「次の恋人に優しく、寛容になれるようになった」(9位)など、少数ながら離婚によって自分が変わったことを喜ぶ人もいる。回答者にはこれらの項目を選んだ理由を過去の思い出とともに語ってもらった。

【1位 自分の時間が増えた 104pt】
「本当の自由を手に入れた気がするから」(38歳・男性)
「相手が常に一緒に居たいというタイプの人だったので、家にいる間もずっと見られてるし、休みも合わせられて一人になれる時間が少なかった」(41歳・女性)
「結婚してる時は、とにかく休みの日は義母の家にばかりでうんざりでした」(44歳・男性)
「自分が仕事から戻ったら急いで食事、風呂等の支度をしなくて済むし、土日もゆっくりできる」(46歳・女性)

【2位 相手に気を使わなくてよくなった 97pt】
「相手に子供の話をしないように気を使い過ぎていたのでそれが苦痛だったがなくなったので」(37歳・女性)
「ワガママ女の戯言や言い訳をいちいち聞かなくて済んだので」(47歳・男性)
「元嫁を幸せにしたいというのが人生の目標になっていた。 常に彼女の笑顔を優先してきたが、その必要がなくなった」(47歳・男性)

【3位 イライラすることが少なくなった 84pt】
「相手の、話し合いに応じないことはいらだちがなくなる」(33歳・女性)
「妻が自分の複数の友人と関係を持っていたことが発覚したことで、本当に泥沼の離婚となったので、あらゆる人間関係が信じられなくなり、常にストレスを抱える毎日だったが、離婚と友人関係の清算(一度すべての友人と縁を切った)をし、1人の時間と空間を持つことで、落ち着くことができたから」(48歳・男性)
「自分が仕事で相手が休みだとギャンブルしてるんじゃないかと疑心暗鬼の生活だったから」(49歳・女性)

【4位 我慢することが少なくなった 68pt】
「相手を見るのが吐き気を催していたんで」(40歳・女性)
「常に相手の機嫌をうかがい、理不尽な要求や言葉の暴力を我慢しなくてよくなったので」(42歳・男性)
「結婚していたときは気づかなかったが、離婚して我慢をしていたことに気づいた」(47歳・女性)

【5位 自由に使えるお金が増えた 45pt】
「嫁にお金を使われてた分がかなり戻ってきて生活が豊かになった」(33歳・男性)
「お小遣いから自分で管理するようになった」(46歳・男性)

【6位 自分のダメな部分が理解できるようになった 42pt】
「これからの人生にきっとプラスになると思う」(36歳・男性)
「悪いところばかりだと気付いた」(45歳・女性)

【7位 義両親と付き合う必要がなくなった 41pt】
「一番苦痛だったから」(45歳・男性)
「バツイチのお嬢様気取りの義母は家柄を鼻にかけて子離れできなかった」(46歳・女性)

【8位 新しい恋ができるようになった 37pt】
「去る者あれば、来る者あるで、その後二度肉体関係を持つ交際をし、うち二度目の相手とは、結婚(互いにバツイチ)を前提に交際を始めてちょうど4年になる」(46歳・男性)

【9位 次の恋人に優しく、寛容になれるようになった 21pt】
「経験を活かせることができていると思う」(46歳・女性)

【10位 2人分の家事・仕事をしなくてよくなった 19pt】
「料理をする事が嫌いだったのが、しなくて良くなった」(43歳・女性)

“相手とのしがらみからの解放感”そして“結婚生活がいかにつらかったか”を語るコメントが多数。「今の生活が離婚前より気に入っている」(31歳・女性)などの声も少なくない。しないにこしたことはない離婚。しかし、これらのコメントを見てみると、必ずしも否定的に捉えることはないのかも?

(千川 武)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/28(水) 19:08

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。