ここから本文です

伊藤淳史 競合相手いない「情けないいい人」キャラの強み

NEWS ポストセブン 8/29(月) 7:00配信

 NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、ヒロインの常子(高畑充希)が立ち上げた出版社の経理担当、水田正平を演じる俳優の伊藤淳史(32)。水田は気弱でありつつも素直な性格の人物だが、伊藤といえばこれまでも数多くの作品で「いい人」を演じてきた。有名どころでは、『電車男』、『チーム・バチスタ』シリーズ(ともにフジテレビ系)など。昨年公開された『映画 ビリギャル』では、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞している。伊藤がこのような役で重宝される理由は、なぜか?

 ドラマ評論家の成馬零一さんはこう分析する。

「かっこいい俳優はたくさんいますが、『情けなくてモテない。でもいい人』という役を演じられる俳優は少ないので、伊藤さんには競合相手がほとんどいません。弱さや情けなさというのは高い演技力がなければ表現できませんが、伊藤さんは自分の演技力を見せつけるようなこともないので、その情けなさが彼の素のキャラなのか、作ったキャラなのかはわからないくらいです。見ている側に演技と感じさせないのは本当にすごいと思います」(成馬零一さん・以下「」内同)

 伊藤のすごさはそれだけではない。その自然な演技の中に、コミカルさを感じさせることができる点だ。

「彼の演じる人物がいつも面白く見えるのは、あの独特の暑苦しさにあります。真面目すぎてちょっとうっとうしい、でも憎めない。部活の後輩にいそうなタイプですね。みんなが軽くナメて見ることができるような存在なので、見ているほうは気楽だし、緊張感もほぐされます」

 30代以上の人にとっては、伊藤といえば「チビノリダー」のイメージがあるだろう。2000年に放送された「カロリーメイト」(大塚製薬)のCMも話題となった。当時から知っている視聴者にとって、伊藤は「永遠の後輩」なのかもしれない。
 
「子役出身の俳優の多くは、どこかのタイミングでイメチェンします。柳楽優弥さんなどは、別人になったのかと思ってしまうくらい変わりました。でも伊藤さんはずっと同じイメージのまま。みんなが伊藤さんのことを『いい人』だと思っています。

1/2ページ

最終更新:8/29(月) 14:34

NEWS ポストセブン