ここから本文です

打者・大谷翔平がソフトバンク投手陣をカモにできる理由

NEWS ポストセブン 8/29(月) 7:00配信

 気が付けば最大11.5ゲームあったゲーム差をひっくり返した。大谷翔平の牽引する日本ハムがソフトバンクを凌駕する勢いを見せている。

 8月21日の札幌ドームでの直接対決でも、大谷は先制打を含む3安打の固め打ちで、ソフトバンクの優勝マジック点灯を阻止した。

 今年は投打の「2つの刀」がどちらも絶好調だ。投げては6月5日の巨人戦で日本球界最速となる163キロを叩き出し、8勝4敗、防御率2.02という好成績。打っては打率3割4分3厘、ホームラン19本、51打点(8月24日現在)をマークし、例外規定(※)での首位打者も視野に入ってきた。

【※規定打席に満たない場合は不足分の打席を凡打として加算し、算出された打率が規定打席到達者の打率1位を上回れば、未到達でも首位打者と認定される】

 まさに日ハムの「投打の主軸」。大谷が3連覇を狙う絶対王者をひとりで追い詰めているといっても過言ではない。

 元々、投手としての評価が先行していた大谷が打者として急成長した理由を、現役時代2081安打を放った野球評論家の山崎裕之氏が解説する。

「昨年と比べてスイングスピードが格段に速く、かつコンパクトになった。またバットの芯を活かしたスイングができるようになり、大振りしなくても左中間に大きな打球が飛んでいる」

 今季の大谷で特筆すべきは、ソフトバンク戦にめっぽう強いことである。

 打者として出場した19試合でホームラン9本、打率4割1分5厘と驚異的な結果を残す。全19本塁打のうち半分近い9本をソフトバンクから打っている。『プロ野球なんでもランキング』の著者でライターの広尾晃氏が語る。

「大谷がホームランを放った投手は和田毅、千賀滉大、バンデンハーク、東浜巨、中田賢一、岩嵜翔など主戦級。いかに勝利への貢献度が高いかがわかる。球場別でもヤフオクドームでの成績がズバ抜けていて、7試合3本塁打、打率5割2分4厘と打ちまくり、本拠地・札幌ドームでの打率3割3分9厘を大きく上回る。明らかに相性がいい」

1/2ページ

最終更新:8/29(月) 16:23

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。