ここから本文です

夫からの「1回どう?」に渡辺裕之「自分も妻に言い続けたい」

NEWS ポストセブン 8/29(月) 16:00配信

「ずっと言うんですよ私に。『1回どう?』って。1日に何回も言ってくる(笑い)」

 8月11日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、森下愛子(58才)が、夫・吉田拓郎(70才)からこう言われると明かし、話題を呼んでいる。もともとはドラマ『トットてれび』(NHK)の中のせりふだったが、これを気に入った吉田が、放送終了後の今も、森下を誘ってくるというのだ。

 一方、結婚生活22年ながら、夫の渡辺裕之(60才)から「毎日お尻を触られる」「熱いキスやハグは当たり前」などアツアツぶりを公言している原日出子(56才)。原の“情熱的な夫”である渡辺に、妻とスキンシップを欠かさない理由を聞いてみた。

「愛おしい子供を抱きしめたいと思うのと一緒。言葉での気持ちの共有では足らなくて、ぬくもりを感じたくなるのは、生き物の本能だと思うんです。あとはやっぱり、ずっと仲よく円満な夫婦でいたいですからね」

 聞くまでもないと思いながらも、あえて「1回どう?」をどう思うか聞くと…。

「自分も70代80代になっても、(吉田のような)素敵な合言葉を妻に言い続けたい」ときっぱり。ごちそうさまです…。

 また、妻とのセックスレスで悩む夫からも賞賛の声が。3才下の妻とセックスレスになって4年の堤博さん(58才・仮名)は「なんていい言葉」と感激。

「正直この年で夜の営みのことで悩んでいるなんて誰にも言えないし、自分って情けないなって思っていたんですが、少なくとも吉田拓郎はこの言葉で妻を気遣っていたことを知って、夫婦とはそういうものだと納得したんです」

 本誌の取材にこう答えたその夜、堤さんは意を決して妻に言ってみたと、後日報告があった。

「たった6文字なのに、久々に変な緊張を味わって、夜ご飯に妻と話した会話の内容はほぼ覚えてないくらい(笑い)。で、いざ、『おやすみ』と言ってしばらくしてから、妻の耳元で言ってみたんです。でも…寝たふりをされました。正直、その時は拒否された、言わなければよかった、と後悔。でも朝起きたら、妻は鼻歌を歌っていて上機嫌(笑い)。するかしないかじゃなくて、『私はあなたのことを思っているんだよ』っていうことをちゃんと相手に示すことが大切だったんだってわかりました」

 もちろん、妻側に否定派がいるように夫側にも「変に妻を刺激しないでほしい」と戸惑う人もいる。2人の子供を持つ斎藤雅司さん(46才・仮名)。

「もう8年ぐらいセックスをしていない自分たち夫婦にとって『1回どう?』はあまりにも重い言葉。もしこの一言で、夫婦関係が大きく変化してしまったら…なんて考えるのも面倒くさい。だいたい、子供を育てて家庭を運営してゆくだけで精一杯なんだから、変に波風立てないでいただきたい。とにかく平和がいちばん」

 やっぱり男性陣も、ザワついている模様…。

※女性セブン2016年9月8日号

最終更新:8/29(月) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ