ここから本文です

田辺誠一が小市民役で“キレ”まくる!?

Smartザテレビジョン 8/29(月) 13:05配信

10月8日(土)からスタートするドラマ「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」(毎週土曜夜11:40-0:35フジテレビ系)で、田辺誠一が主演を務めることが明らかになった。田辺は、フジテレビ系列ドラマでは今作が初主演となる。

【写真を見る】田辺誠一は、妻を演じる西田尚美に対し「西田さんはとてもキレイだけど面白い雰囲気も持っている方」とコメント

“オトナの土ドラ”4作品目となる今作は、山本甲士の同名小説をドラマ化。市役所の市民相談室に勤める気弱なサラリーマンが、職場や家庭でのトラブルに奮闘する中で正義感に目覚め、闘いに目覚める姿を描く。

田辺演じる倉永晴之は、真面目で几帳面な性格で、与えられた職務を実直に遂行していた。特に友人もいなく、飼っているシルバーアロワナに話し掛けて発泡酒を飲むのが彼の唯一の楽しみだった…。

しかし、市民相談室という職場でストレスフルな毎日を送っていた倉永は「もう、トラブルに巻き込まれる人生はまっぴらだ!」と、ついに“キレ”てしまう。そこから、倉永は一人の小市民としてさまざまな不条理に立ち向かっていく。

また、田辺演じる倉永の妻役に西田尚美、市役所の上司役に西村和彦、市長役に鹿賀丈史、倉永の前に出没するクレーマー役に木の実ナナが出演する。

【田辺誠一コメント】

晴之とは共感できる部分があり、僕もなるべく波風を立てずに生きてきた方なので、そういうところは似ていると思います(笑)。そんな晴之が反撃して、はっきり物を言っていくところがとても気持ちいい部分なのかなと思いました。

僕も見習いたいです。ちなみに晴之のストレス解消法はアロワナに話し掛けながら発泡酒を飲むことですが、僕は家の犬と遊ぶことでしょうか。犬の肉球を触るのが好きで…でも、なかなか触らしてくれないです(悲)。

ドラマの見どころとしては、晴之にありとあらゆる難題がふりかかってくる中、どう立ち向かっていくのか!? 数々の不条理を打ち返し、予想もしない展開になる大逆転劇、週末の夜に楽しんでいただけるドラマになれたらうれしいと思います。

最終更新:8/29(月) 13:05

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。