ここから本文です

NEWSが24時間テレビ完走!小山「抱き締め合いたい」

Smartザテレビジョン 8/29(月) 15:06配信

8月27日、28日の2日間に日本テレビ系で放送された「24時間テレビ39」。生放送終了後、7年ぶりにメインパーソナリティーを務めたNEWSが取材に応じた。

メンバーが4人になって初めての「24時間テレビ」メインパーソナリティーを“完走”したNEWS。番組ではさまざまな企画を通して、今年のテーマ「愛」について考えた。

番組を終え、小山慶一郎は「いろいろな取材を通して、その子たちの人生に“入った”瞬間というのを感じた。そして、その子が変わっていく瞬間というのも見られました。

そう考えると、自分たちにそれほどのパワーがあるんだということに驚かされることもあった。番組で携わった子供たちにはNEWSと頑張ったということを励みに、壁を乗り越えていってほしいと思います」とコメント。

手越祐也は「自分が番組に携わることで、明るく笑顔が多い『24時間テレビ』にしたいと考えていた。その結果、自分が取材した方は毛色の違うものになったなと思う。真面目に伝えることももちろん大切ですが、明るくした方が皆さんに伝わりやすい部分もあることを感じた。

それも含めて、楽しく完走できたなと思える『24時間テレビ』になったので、完全燃焼できました!」と満足そうに振り返る。

また、増田貴久も「一緒によさこいを躍らせていただいた子たちが、本当に頑張っていた。あの子たちの人生に少しでも関われたなら、これからも背中を押し続ける存在でありたいと思っています。すごく楽しかったです」と明かす。

そして、加藤シゲアキは「個人的にはドラマもあって、お話をいただいたときは『人生で一番忙しくて熱い夏にしよう』と考えていました。完全燃焼といった感じで、悔い残すところはありません」と語り、それぞれ番組に対する、そして「愛」に対する思いが垣間見えた。

さらに、NEWSがフィナーレで自身の楽曲である「フルスイング」を披露した後、4人で抱き締め合ったことについては「日本武道館であの曲を歌えたことで、今まで話し合ってきた4人の形をしっかり発信できたんじゃないかと。そういう意味も含めて最後くっつきたいというか、『メンバー抱き締めたい、4人で抱き締め合いたい』という感覚が自然に出ました」と小山。

NEWSはこれからも、番組で感じたそれぞれの「愛」を携えて歩み続ける。

最終更新:8/29(月) 15:06

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。