ここから本文です

井笠鉄道【後編】記念館と往年の鉄道車両を目指して

BEST TIMES 8/29(月) 12:00配信

小平井駅でプラットホーム跡を発見

 峠を越えた先の大井村(おおいむら)駅は痕跡も発見できないうちに通過、山陽自動車道の笠岡インターを2つのトンネルでくぐりながら先へ進んだ。もちろん井笠鉄道が健在なりし頃にこの道路はなかった。右に森、左に田んぼを俯瞰しながら進むが、再び力を取り戻した日光に暖められて先ほど降ったばかりの雨が湯気となって蒸発していくのが目に見える。湿度は100パーセント近いだろう。そんな気候でなければ美しい田園風景を俯瞰するいいアングルだ。

 


 やがて小平井(おびらい)駅の跡地であるが、足元に気を付けていると、茂った夏草の中にプラットホームの石積みが認められた。これは間違いない。笠岡を出て初めての明瞭な鉄道の痕跡である。そして傍らの古びた建物は駅舎だったらしく、その壁には「小平井停留所跡」と記した往時の写真が貼り付けられていた。駅舎跡の建物は古いが、参院選が終わったばかりだから、真新しい公明党と共産党のポスターが対照的である。

 

 

 ほどなく廃線跡は新道の幅広い2車線の道路に合流してしまう。こういう廃線跡は面白くないが、ひたすら歩くしかないので汗だくになりつつ無心に先を目指す。次の吉田村駅は新道なので痕跡を求めるまでもないが、ちょうど跡地に建つ「よしだ歯科医院」が駅名の痕跡と言えなくもない。ちなみに吉田駅でなく「吉田村駅」としたのは、吉田という駅が信越本線に存在した(現北長野駅)ので重複を避けるためだろう。先ほど通り過ぎた大井村駅も、中央本線にあった大井駅(現恵那駅)との重複回避らしい。軽便などの私鉄にはしばしば「村」のつく駅があった。もちろん小田郡大井村(おおいそん=駅名とは読み方が異なる)、吉田村(よしだむら)ともに昭和28年(1953)に合併して笠岡市内となっている。

井笠鉄道記念館となった新山駅

 しばらく歩くと、ほどなく廃線跡が左へ分かれていくが、痕跡はない。再び新道に合流して信号のある交差点を過ぎると新山(にいやま)駅の跡地だ。ここに「笠岡市井笠鉄道記念館」があることは広島市在住の読者の方に教えてもらった。そうでなければ炎暑の中を新道と一緒になってしまった道路を歩くのに耐える理由などない。屋根は補修したようだが、現役時代そのままという下見板張りの駅舎を見ると、やはり軽便鉄道の駅舎である。待合室には現役当時の各駅の写真が掲げられ、またその頃に駅で使われていた各種の器具も陳列されている。急行を表わす「急」の丸いヘッドマークもあった。昭和27年(1952)6月1日から同31年にかけて笠岡~井原間に1日1往復運行されたと説明が付いているから、まさにその頃が井笠鉄道の「黄金期」だったのだろう。

 


 鬮場駅の写真もある。懐かしい形の電話ボックスと何台もの自転車、それに意外に広い駅前広場が乗降客の多さを物語っている。先ほどプラットホームの痕跡があった小平井駅は、先ほどの駅舎の前に待合室もあったようで、そこでお母さんらしい女性と、低いホームから身を乗り出して線路を見ている幼い兄と妹らしい家族が写っている。昭和46年(1971)頃の写真というから、兄妹どちらも今は50代だ。

 


 表にはかつてここで運転されていた蒸気機関車と客車、それに貨車が連結された状態で展示されていた。屋根もあって保存状態はとても良く、45年の歳月が経ったとは思えない。鉄道車両を往年の状態できちんと保存するのは、想像するより大変なコストと手間がかかるもので、多くの保存車両が雨ざらしで悲惨な姿を晒しているのを知っているだけに、関係者の方々の努力がしのばれる。実際に炎暑の中でメンテナンス作業が行われていた。井笠鉄道はしばらくバス会社として存続していたが、最近になって路線バス事業から撤退、ほどなく破産したため、今は笠岡市が運営しているという。

大切に磨かれた103年前の蒸気機関車

 客車の「ホハ1」は定員がわずか26人というミニサイズで、中へ入ってみると膝を突き合わせて乗る感じだろう。遊園地のオトギ列車のようなサイズである。実際に蒸気機関車の1号機はかつて埼玉県の西武山口線(おとぎ電車。西武遊園地前~ユネスコ村)でしばらく走っていたこともあった。ドイツのコッペル社(Orenstein & Koppel Arthur Koppel A.-G.オーレンシュタイン&コッペル、アルトゥール・コッペル株式会社)製の小さなBタンク(動輪2つ)は今やピカピカに磨かれ、今にも走れそうに見えるほど。銘板には製造年の「1913」が記されていた。まさに開業時に導入した機関車である。
 記念館では現役当時の切符(もちろん硬券)などが売られており、それを数枚と地元の三笠博通さんによる油彩の画集『懐かしの井笠鉄道』をお土産に購入した。ここから先は井原まで半分以上残っているが、地図学会の「夜の部」に出なければならないし、またとにかく暑いので、矢掛や井原の方はまたの機会にしよう。
 それにしても、大事に保存されている車両と駅舎が見られたのは嬉しかった。冷房の効いた帰りのバスのありがたかったこと。平仮名になった「くじば」を通り過ぎて笠岡駅へ向かう。

 

 

 

文/今尾 恵介

最終更新:8/29(月) 12:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

なぜ今? 首相主導の働き方改革