ここから本文です

キンコン西野「制作者の頑張りなど客には無関係」結果で語れ

メディアゴン 8/29(月) 7:30配信

西野亮廣[キングコング/漫才をする絵本作家]

***

先日、

 「お客さんがロビーに残っているのに音楽を止めるな」
 「難しい顔で接客するな」

と書いたら、関係者と思しき方から、

 「会場の退館時間のこともある!」
 「キチンとオペレーションはしたのか?」
 「スタッフだって頑張ってる!」

という地獄的に幼稚な反論があった。
そもそも、「西野は退館時間のことを知らない」という前提で話を進められていることが謎すぎる。ちなみに僕は芸歴16年で、僕は僕が仕掛けるイベントの制作費を自分で管理しています。当然、退館時間が過ぎれば、会場費、スタッフさんのギャランティは僕が自腹でお支払しています。

なので、撤収作業をしなきゃいけないことなんて百も千も承知で、その上で、

 「事情があるなら、工夫しろ」

だし、さらには、

 「いやいや、そんな当たり前のことを、いちいちオペレーションしなきゃいけないの? 言われたことしかやれねーのかよ? サービス精神で付加価値をつけようとは思わないの?」

だし、さらには、

 「お前が頑張ってるかどうかなんて、お客さんからしたら1ミリも関係ねえよ。ゴタゴタ言わずに《結果》で語れ、タコ!」
 「そもそも客前で言い訳しちゃうオマエらとは一生仕事しねーよ。その言い分がまかり通る現場で仲良くヨチヨチやってろ、ブス!」

と思っているのです。

こんなに心優しい男が、今、『えんとつ町のプペル』という絵本を作っています。
この四年半、何度も何度も何度も何度もやり直して、表紙ページの色味だけでも、2000人以上から意見を聞いて、山ほどの批判と戦いながら、この夏は、4000人を集めた独演会や舞台『ピラミッドだぁ!』の裏でモーレツな締切&睡魔と戦いながら、制作費とも戦いながらエンヤコラ。

言い訳なんていくらでもできる。
でも、しない。
俺、プロだから。

作品に触れるお客さんからすれば、制作側の事情なんて知ったこっちゃない。判断材料は《結果》だけ。

 「感動するか、否か」

それだけ。
『えんとつ町のプペル』表紙ページのイラストが完成しました。
これが結果です。
ここだけで判断してくださいな。

絵本『えんとつ町のプペル』。2016年10月末にお届けできそうです。
立ち上がれないほど感動させちゃう。世界を変えちゃう。

西野亮廣[キングコング/漫才をする絵本作家]

最終更新:8/29(月) 7:30

メディアゴン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。