ここから本文です

シアラとラッセル・ウィルソン、挙式を2度もキャンセルしていた!?

VOGUE JAPAN 8/29(月) 21:03配信

6月に挙式したシアラとラッセル・ウィルソンがその前に2度も結婚式をキャンセルしていたことが分かった。6月初旬にイギリスの郊外で挙式した2人はもともとノースカロライナ州で挙式する予定だったというが、同州のトランスジェンダーの人々が使用できるトイレを定める「トイレ法」が施行されたことでその予定をキャンセルしていたという。

2人のウェディングプランナーを務めたミンディ・ワイスは「2人はノースカロライナ州で挙式する予定だったんですが、トランスジェンダーの方々に対するトイレ法が理由で止めたんです」と話す。

その後2人はパリでの挙式を検討したものの、パリ・コレクションの時期と重なってしまうためこちらもあきらめるに至ったそうで、ワイスは『TheKnotNews.com』に「2人はパリでやろうとしたんですが、(クチュールの)ファッション・ウィークの時期だったんです。それでとても難しくてロンドンになったわけです。でも2人はどこか離れたところを希望していたので、リバプールから1時間ほどのところにお城を見つけて、そこに110人を招待したんです」と語った。

結局はイングランド北西部チェシャーにあるペックフォートン・キャッスルに決まったものの、シアラのウエディングドレスのトレーン部分がチャペルに入らなかったことからそこでもトラブルに見舞われたそうで、「城の中にチャペルがあったんですが、シアラのドレスは13フィート(約4メートル)もあったので小さすぎたんです。彼女のドレスは写真よりはるかに実物のほうが壮観なものなんです。写真で見ても美しいですが、実物は息をのむ美しさでした」と続けた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/29(月) 21:03

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。