ここから本文です

25年前に生まれて世界を制覇した、Linuxの物語

WIRED.jp 8/29(月) 7:12配信

1991年8月25日、リーナス・トーヴァルズという名のコンピューターサイエンスを学ぶフィンランド人学生があるプロジェクトを発表した。彼はインターネットのメッセージシステムに「ぼくは(無料の) OSを手がけるつもりだ」と書き込み、ただの趣味でそれをやるのだと付け加えた。
だが、それはより大規模の、趣味を超えるものとなった。とんでもなく大きくなった。現在、そのオープンソース・オペレーションシステム(OSS)「Linux」は、世界で最も重要なコンピューターソフトウェアのひとつとなっている。

【よく知る】かつて大活躍した、かくも巨大なコンピューター──美しく巨大な「骨董コンピューター」の世界

▼誰もがLinux

あなたもおそらくはLinuxを毎日使っている。まず、Linuxは地球上のすべてのAndroidスマートフォンやタブレットを動かしている。あなたがiPhoneやMac、あるいはWindowsマシンを使っていたとしても、Linuxはその裏で活躍している。インターネットの世界で、あなたが見るほとんどのページを提供し、あなたが使うほとんどのアプリケーションを動かしている。FacebookもGoogleも、PinterestやWikipediaも、みなLinuxで動いている。

さらにLinuxは、いまやテレビやサーモスタット、さらには自動車にも進出している。ソフトウェアがわたしたちの生活のほとんどあらゆる側面に入ってくるのと同時に、リーナス・トーヴァルズがつくりだしたOSも、入り込んでいく。

▼アイデアはかく始まった

だが、この功績の裏にはリーナス以外の功労者がいる。

このOSの起源は25年以上前、もっとずっと昔に遡る。1969年のAT & Tベル研究所でのUnix開発のことだ。

何十年もの間、Unixは商用コンピューターのスタンダードなOSだったが、難点があった。UnixはAT & Tが所有しており、またハイエンド機器でしか動かなかったのだ。オタクたちは自分のパソコンでいじることのできるものを欲しがった。

1984年、リチャード・ストールマンが「GNU」に取り組み始めた。GNUは“GNU’s not Unix ”(GNUはUnixではない)を表すUnixクローンだ。

1991年までに、ストールマンたちはほとんどすべてのUnixをリライトすることに成功した。だが、彼らはある決定的な要素を欠いていた。カーネルだ。カーネルはOSにとって根本的な核心部であり、ハードウェアに話しかけ、キーボードやマウス、タッチスクリーンからの基本的なインプットを、ソフトウェアが理解できるように翻訳する。

そこで、リーナス・トーヴァルズはカーネルをつくろうと決めた。

まもなくして、ほかの開発者たちはLinuxカーネルをGNUやその他さまざまなツールと組み合わせて使うようになり、彼ら自身のOSにまとめ上げた。多くの人はいまだにこれらのOSを「GNU / Linuxディストリビューション」と呼ぶべきだと言っているが、Androidやその他のソフトウェアを動かしているのはカーネルだ。

1/2ページ

最終更新:8/29(月) 7:12

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。