ここから本文です

「夢は続けていくこと」増田貴久が語るNEWSのビジョン

女性自身 8/29(月) 6:01配信

「自分がこうしたい、と思ってもすべてできるものではないので、今あるもの、今の自分たちを大切にしていきたい」

 そう語るのは、NEWSの増田貴久(30)。2003年に9人グループとして結成され、5年前からは現在の4人体制に。“いろいろあった”からこそ、いまNEWSがノっている!結成13年目。“いまやっと基盤が完成した”と感じている4人のメンバーたち。そんなNEWSの増田に話を聞いた。

--コンサート衣装のデザインを担当していますが、こだわりは?

「僕はほかの方のコンサートを見るのも好きなんですが、マイケル・ジャクソンがパフォーマンスするにあたって、衣装の丈を1cm単位でこだわっていたそうで、その話にものすごく影響を受けていて。

 自分たちがパフォーマンスするうえでも、衣装をはじめ演出も納得できるまで突き詰めたいですし、ほかの人たちに負けたくないですね。それから衣装には“ちょっと変化球を投げたい”っていう僕の性格がよく出ているかもしれない(笑)」

--今後の夢やビジョンはありますか?

「続けていくことです。難しいじゃないですか、続けるって。続けるためには、変わっていかなくちゃいけないから、そのためにも常に新しいことをやりたいというのはあります。

 僕は、歌を歌わせてもらっていることに対してすごく責任感があるんです。歌以外の活動もそうですが、自分たちの歌で誰かのことをちょっとでも勇気づけられたり、ハッピーにできたらいいなと思いますし、それにはまず自分たち自身が歌うことによってどんどんハッピーになっていきたいです」

最終更新:8/29(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。