ここから本文です

「GOはこっちの方が先なんだからね」新感覚パズルゲーム『デウスエクスGO』に熱中する人多数!!

おたぽる 8/29(月) 16:00配信

――日夜膨大な量がリリースされるアプリゲーム関連情報。注目情報から世間の反応までを概観します。(週2回更新予定)

■『Deus Ex GO』
 スクウェア・エニックスが、8月19日よりAndroid/iOSにて、ターン制パズルゲーム『Deus Ex GO(デウスエクスGO)』の配信を開始した。人気シリーズの派生で、スマホゲームとは思えないほど作り込まれている同作は「安定の面白さでした」「GOはこっちの方が先なんだからね」「頭使うからめちゃハマる」と大好評を博している。

 予め言っておくと、『ポケモンGO』から名前をパクったわけではなく、『デウスエクスGO』のほう誕生は早い。スクウェア・エニックスはこれまでに、スマートフォン用ターン制パズルゲームとして、『Hitman GO(ヒットマンGO)』『Lara Croft GO(ララ・クロフトGO)』をリリースしており、『デウスエクスGO』はそれに続く“GO”シリーズの作品となっている。

 このGOシリーズは、人気タイトルゲームの世界観をそのままに、スマホで遊びやすくするようにパズルゲームに落とし込んだもの。『ララ・クロフトGO』はアクションアドベンチャーゲーム『トゥームレイダー』の主人公・ララ・クロフトからきており、謎解き・秘境探索など本来の『トゥームレイダー』の性質を、パズルゲームという全く違うジャンルで見事に再現したことで非常に高い評価を得て、アップル社iPhoneゲーム・オブ・ザ・イヤー2015を受賞。また、『ヒットマンGO』も本来暗殺アクションゲームである『ヒットマン』シリーズを、パズルゲームとして構築し多くの支持を得た。

 そんなハズレ無しのGOシリーズの新作として次に選ばれたタイトルが『デウスエクス』だ。『デウスエクス』シリーズは00年から発売され、ロールプレイングとシューティングを融合した画期的なゲームとして注目された。主人公は高度な科学技術が発展するも荒廃している世界で、与えられたさまざまなミッションを解決していく。

 そして『デウスエクスGO』はターン制のパズル潜入ステルスゲームで、『デウスエクス』の世界をスタイリッシュに再現。スパイのアダム・ジェンセンとなってハッキングをしたり、コンバットやオーグメンテーションを使って、GOシリーズでも最も複雑なパズルを解き、テロリスト計画の背後にある陰謀を解き明かす。

 警備兵、タレット、マルチコプター、ウォーカーなどの敵キャラ、パズルをハッキングして環境を操作、などシリーズファンにはうれしい要素に加え、50以上に及ぶ難易度のレベル、毎週新しいパズルを配信とやり込み要素も搭載。さらに、シリーズを知らないプレイヤーからも好評なようで「最近の作り込まれたゲームにしては敷居が低くてとっつきやすかった、すげえハマってる」「ヒットマンGOが面白くて、タイトルにはなんも興味なくて買ったけど案の定のクオリティでさすがです」といった声が上がっている。また、海外のレビューサイトでも「過去のGOシリーズの中でももっとも手ごたえのあるものだ」「頭の体操になるよく作り込まれた秀逸なゲーム」「パズルを解いたときの爽快感は素晴らしい」と、かなり好意的な意見が多い。

 今世界は『ポケモンGO』一色だが、元祖GOシリーズで一味違う達成感と爽快感を味わってはいかがだろうか? でも、こちらも歩きスマホにはご注意を……。

最終更新:8/29(月) 16:00

おたぽる