ここから本文です

酒井宏、マルセイユで充実の日々「勝たないといけないクラブ。やりがいがある」

フットボールチャンネル 8/29(月) 6:50配信

 日本代表は28日、来月初旬のロシアW杯予選に向けて合宿を開始した。マルセイユでのリーグ戦を終えた酒井宏樹はフランスでの充実の日々を語った。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

「町もいいし、チームメイトともうまく馴染めている。あとは結果」と語る通り、マルセイユは開幕から3試合で勝ち点4と苦しんでいる。昨季リーグ13位の名門は、大きくメンバーを入れ替えた新シーズンのスタートも困難続きだ。

 酒井も「早い時間帯で点を取れれば試合は落ち着きますし、逆に点取れないとプレッシャーがくる」とビッグクラブ特有の重圧を感じている。「メンタル的にもハノーファーの時と違って、負けなければいいやというより、勝たないといけないクラブ。すごくやりがいがある」と、その違いも語った。

「まだまだ1対1で抜かれることも多いですし、(相手には)フランスの選手、アフリカの選手特有の速さがある。ああいうところにしっかりついていけるようになりたい」と明確に課題を意識している酒井は、日本代表で進化した姿を見せられるだろうか。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:8/29(月) 6:54

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。