ここから本文です

不発のセビージャ清武は「透明人間」 伊メディアがチーム単独最低点で酷評

Football ZONE web 8/29(月) 10:21配信

2戦連続スタメンもビジャレアル相手に沈黙

 セビージャの日本代表MF清武弘嗣は、28日のリーグ第2節ビジャレアル戦でスタメン出場したものの、見せ場を作れずに後半15分に交代した。この試合の採点を公開したイタリアメディアでは大酷評され、「透明人間」と存在感のなさを批判されている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 清武は4-1-4-1システムの右インサイドハーフで起用されたものの、高い位置でボールを受けられず、ビジャレアルに押し込まれる展開が続いた。イタリアのサッカー情報サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、その要因が清武自身の問題であるとして、単独でチームワーストの「4点」を与えられて酷評されている。

「ピッチ上で最悪のプレーをした存在で、透明人間。試合に全く入り込めずに、全ての時間を日の当たらない場所で過ごした」

 リーグ開幕となった前節エスパニョール戦では1ゴール1アシストと最高のリーガデビューを飾った清武だったが、この日はゴールに絡むどころではない低調なプレーに終始してしまった。このゲームを終えて日本代表に合流しワールドカップ・アジア最終予選に臨む清武だが、ハリルジャパンで良いイメージを思い出し、セビージャで勝利に貢献するプレーを見せられるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/29(月) 10:21

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。