ここから本文です

ベネディクト・カンバーバッチ、映画版のドクター・ストレンジは「少し傲慢さを失う」と明かす。

VOGUE JAPAN 8/29(月) 22:00配信

ベネディクト・カンバーバッチが映画版のドクター・ストレンジは「少し傲慢さを失う」と明かした。マーベル・コミックの新作映画『ドクター・ストレンジ』でタイトルロールを務めるベネディクトは自身の役ドクター・ストレンジのキャラクターについて「1人の俳優として魅力的なのは、台本、監督、ケヴィン(フェイグ)、そして、60年代、70年代に描かれたキャラクターをどう現代にフィットさせるかを話すことだよ。少し傲慢さを失くすためにね。傲慢だけど、ユーモアもあるんだ」と語った。映画の予告編が米サンディエゴで開催されたコミコンで公開され、ベネディクトも出来栄えに衝撃を受けたといい『エンパイア』誌に「『すごいぞ。これに参加していたんだ』と思ったよ。与えられた作品の概念を持っていても、過程の最後でやっとどんなものに参加していたか分かるんだ。特殊効果を用いた撮影が好きじゃなかったと言っているんじゃなくて、だってほとんどが本物の要素で、空間を小さくしたセットなのか、デザインされた衣装なのかってだけでね」と話した。

ベネディクト・カンバーバッチの関連フォトギャラリー。

また同役を演じるのは「精神的にも身体的にも」タフだったとベネディクトは以前認めており「ドクター・ストレンジは精神的にも身体的にもたくさんのことをやり遂げるんだ、役を演じたものとして証言できるよ。ケヴィン・フェイグが『こんなにたくさんやってもらうなんて考えていないよ』と言ったけど『誇りを持ってやります』と答えたよ。その点ではタフな撮影だったよ。身体的な要求がとてもとても大きかった。ただ鍛えるだけじゃなくて、スーパーヒーローにはたくましさが必要なんだ。でも日々の運動もあるし、とても少ない睡眠かつ変化の非常に少ない中で1日14、15時間やる持久力、家には赤ちゃん、他にもいろいろとあったよ。たくさんのことをやり遂げたよ。痛みなくして成長なしだ。でもキャラクターにとっては、それが表れてるといいな」と撮影当時の様子を話っていた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/29(月) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。