ここから本文です

あなたの睡眠パターンで、彼との関係の幸福度がわかる!?

ハーパーズ バザー・オンライン 8/29(月) 17:47配信

睡眠の効用についてはよく知られている。でも、彼との関係が貴重な睡眠時間を台無しにしかねないとしたら? 新研究によると、それはあり得るという。もちろん、あなたが彼との関係に100%ハッピーじゃないとしたら、の話だけれど。
 
「ソーシャル・サイコロジー・アンド・パーソナリティー・サイエンス(社会心理学と性格科学)」誌に掲載された調査によると、感情的な幸福度にフォーカスを当てた場合、現在の恋愛にどの程度ハッピーかと、どの程度よく眠れているかには、関係性があることがわかった。
 
イームレ・セルカク博士と彼のチームは、35歳から86歳までの698カップルを調査し、パートナーがどの程度自分に反応してくれると感じているか、また、鬱や不安、不眠などについての質問をした。 
そして、調査対象者のうち219人の睡眠を、1週間にわたって観察を続けた。ここから、研究チームは、パートナーが自分のことを理解し、気遣ってくれると感じている人のほうが、ぐっすり眠っていると結論づけた。
 
「敏感に反応してくれるパートナーを持つ人のほうが、不安や覚醒が少なく、質の良い睡眠につながっていることがわかりました」と、セルカク博士は説明する。「うまくいかないことがあった時に、自分を守ってくれたり慰めてくれたりするパートナーを持つことは、人間にとって、不安や緊張、覚醒を低減する最も効果的な方法なのです」
 
基本的に、ハッピーでお互いに気遣い合う恋愛をしていれば、睡眠が損なわれることは非常に少ないということ。睡眠が多くを語るなんて、驚きだ。

最終更新:8/29(月) 17:47

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。