ここから本文です

レスター監督、途中交代の守護神に言及「彼は月曜日に手術を受ける予定」

フットボールチャンネル 8/29(月) 7:01配信

 レスター・シティに所属するデンマーク代表GKキャスパー・シュマイケルが腰の手術を受ける予定であることをクラウディオ・ラニエリ監督が明かした。28日に英メディア『フォー・フォー・トゥー』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 シュマイケルは現地時間27日に行われたスウォンジー・シティ戦で先発出場を果たしたが、57分に途中交代しピッチから退いていた。

 チームを率いるラニエリ監督はその理由について「彼は軽度のヘルニアを抱えながらプレーしている。月曜日に手術を行う予定だ。4、5日すれば次の試合に向けた準備ができるだろう。彼は今日の試合でプレーすることを望み試合に出たが、途中で違和感を感じたため交代させたんだ」と語り、シュマイケルがヘルニア持ちであることを明かした。

 幸いにも代表ウィークを挟むため、次節は9月10日となっている。リバプール戦までに復帰することをラニエリ監督が示唆したが、シュマイケルが欠場する場合には今夏の移籍市場で獲得したGKロン=ロベルト・ツィーラーが守護神を務めることになるだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:8/29(月) 7:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。