ここから本文です

【ねこ】災害に備えてハーネスに慣れておく必要はある?

女性自身 8/29(月) 6:01配信

 楽しく、幸せなねことの暮らし。でも、不調やトラブルは突然やってくる。そこで、猫専門医の服部幸先生が、悩みをズバリ解決する「にゃうにゃう猫生相談」!今回も、悩めるねこからこんな相談が届いた……。

【Q】「こんにちは。10歳のマンチカン女子です。私の悩みを聞いてください。数日前から急にハーネスをつける訓練がはじまりました。いままで洋服も着たことがないのに、がっちり体をホールドされて、まったく動けないし、つらかったです。嫌がる私を見ても、飼い主さんは真剣そのもの。ハーネスに慣れないとダメですか?」

【A】「いざというときのため、ハーネストレーニングを」(服部幸先生)

 どんなに飼い主さんに慣れているねこでも、災害など何か異変を感じたときに、逃げ出してしまう可能性があります。いざというときのため、わが家でもハーネストレーニングを行っています。ただ、基本的に体に何かをつけるということが嫌いな動物。着用時間を10~15分にとどめるなど少しずつ慣らしていきましょう。トレーニングは週に1回、月に1回でもいいと思います。あまりにも嫌がるようだったら時間を短くするなど、そのコに合わせて、無理のない範囲でやっていきましょう。

 トレーニングが終わったあとに、好きなおやつをあげて、「ハーネスをつけるといいことがある」と覚えてもらえたらこっちのものです。どうしても着けさせてくれない場合もあると思いますが、いざというときに、嫌がるねこに初めてハーネスをつけるのは至難のわざ。やはりトレーニングは必要だと思います。

 ハーネスと同様に、キャリーバッグやケージに慣れさせておくことも大切です。災害時に備えてねこ用の避難袋も用意しておくといいでしょう。お水、食事、常備薬や、食器、毛布のほか、折りたためるトイレや軽めのねこ砂などが考えられます。また、そのコの写真に、健康状態や飼い主の連絡先を書いたメモもあるといいでしょう。

最終更新:8/29(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。