ここから本文です

アリアナ・グランデ、楽曲『ワン・ラスト・タイム』の盗作疑惑で訴えられる。

VOGUE JAPAN 8/29(月) 23:00配信

アリアナ・グランデが楽曲『ワン・ラスト・タイム』の盗作疑惑で訴えられている。2014年にリリースされた同曲が、アレックス・グレッグスがスカイ・スティーヴンスのために制作し著作権を保有していると主張する2012年の『テイクス・オール・ナイト』と類似性がみられるとして訴えられているようだ。

アリアナ・グランデの関連フォトギャラリー

過去にはレディー・ガガ、ジャスティン・ティンバーレイク、マイケル・ジャクソンら有名ミュージシャンとタッグを組んできているアレックスは、アリアナと『ワン・ラスト・タイム』でプロデュースを担当したデヴィッド・ゲッタが自身の曲のコーラス部分を盗用したとし、2014年にはトップ20にまでランクインした『ワン・ラスト・タイム』から得た利益の一部を求めているという。

アリアナが自身の曲において盗作疑惑に直面したのは今回が初めてではなく、19歳の音楽プロデューサー、ムラ・ムラはアリアナの2016年の楽曲『ビー・オールライト』が自身の2015年作『ファイアーフライ』を盗用しているとし、また2013年にはアリアナの曲『ザ・ウェイ』がザ・ジミー・カスター・バンチが書いた1972年の楽曲『トログロダイド』の歌詞を盗用しているとして訴えられていた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/29(月) 23:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。