ここから本文です

小山慶一郎「4人のNEWSが認められたんだなと」と感慨

女性自身 8/29(月) 6:01配信

「ライバル心はあっても、嫉妬心はない。メンバー全員がその人にしかできないことをやっているから、みんな自分のやっている仕事に自信があるし、お互いを尊重している。認め合えるグループです」

 そう語るのは、NEWSの小山慶一郎(32)。2003年に9人グループとして結成され、5年前からは現在の4人体制に。“いろいろあった”からこそ、いまNEWSがノっている!結成13年目。“いまやっと基盤が完成した”と感じている4人のメンバーたち。そんなNEWSの小山に話を聞いた。

--『24時間テレビ』が決まったときに、とても喜ばれたそうですね。

「自分では、4人のNEWSが成立している自信もあったし、6人のときよりいいグループになっているという思いでやってきたけど、どこかで“本当にみんな認めてくれているのかな?”と、客観的にはわからない部分があったんです。

 もちろんコンサートをやれたり、CDを出せるのはファンの人たちの応援があってこそですが、メインパーソナリティという仕事をいただけたことで、4人のNEWSが本当に認められたんだな、という思いでした」

--その先も見据えている?

「やっぱり爪痕を残したい。番組を通じて、NEWSが4人というところまでは知っていただける気がするので、そこからが勝負だと思うんです。ここで終わらせないためにも、自分たちの出せるものをすべて出す。

 僕もキャスターとしてやってきたことをさらに掘り下げながら、全部を注ぎ込んでいるところです。本気でやらせてもらっています」

最終更新:8/29(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。