ここから本文です

韓国のエースに迫る欧州キャリア存続危機 豪紙も五輪8強敗退での「兵役免除失敗」を指摘

Football ZONE web 8/29(月) 12:35配信

欧州で出世街道を歩むソン・フンミン このままではキャリアのピークで兵役に…

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは今夏のリオデジャネイロ五輪にオーバーエイジとして参戦したが、準々決勝でホンジュラスに敗れて大会から姿を消した。メダル獲得なら韓国で義務付けられている兵役の免除を手にできただけに二重の失意となったが、韓国のエースにとっては2018年にインドネシアで開催されるアジア大会が欧州でのキャリア存続のための頼みの綱となりそうだ。オーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」が報じている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 ソンにとって、兵役がキャリアに及ぼす影響はあまりに大きい。韓国では19歳から29歳の間に2年間の兵役を行う義務がある。現在24歳のソンは、一般的にサッカー選手としてキャリアのピークとされる20代半ばから後半にかけての2年間で、この兵役を行うことになる。ドイツ、イングランドと最高のレベルでプレーする韓国のエースにとっては大きな痛手だ。

 リオ五輪でメダル獲得が叶えば特別措置として兵役免除が叶ったが、その夢は脆くも崩れ去った。そこで、同紙は「アジア大会がトットナムのソン・フンミンにとってのライフライン」と報じ、2年後にインドネシアのジャカルタで開催されるアジア大会で優勝すれば、五輪でのメダル獲得と同様、兵役免除の特権を手にできると指摘している。

 アジア大会はワールドカップと同じく4年に1度開催される大会で、23歳以下の選手に出場資格がある。大会の2年後に五輪が開催されるため、日本をはじめ21歳以下の選手で臨む国も多い。ただし、五輪本大会同様にオーバーエイジの選手を3選手まで起用することが可能なため、ソンにも出場資格がある。

アジア大会への出場可否が去就を左右か

 韓国は12年ロンドン五輪で銅メダルを獲得。さらに14年仁川アジア大会で優勝を果たし、両大会に出場していた選手は兵役免除を手にしているが、ソンはいずれの大会にも出場していなかった。14年アジア大会へ出場する可能性はあったが、同大会は五輪と同じくFIFAの管轄ではないため、代表チームが選手の拘束力を持っていない。そのため、当時所属していたレバークーゼンが派遣を認めず、出場を断念した経緯があった。そのため今回のリオ五輪には、プレミアリーグ開幕戦を欠場してまで臨んでいたが、2年後のアジア大会に同じように出場できるかは不透明だ。

 現在はヴォルフスブルクへの移籍も取り沙汰されるなど、キャリアの分岐点を迎えているソン。リオ五輪準々決勝のホンジュラス戦で敗れた後は、ピッチ上で人目もはばからずに号泣した。欧州でのキャリアを継続するためにも、18年アジア大会のピッチに立てる確約を所属クラブから得られるかが、今後の去就を左右する条件になりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/29(月) 12:35

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革