ここから本文です

新生イングランド代表がW杯予選メンバーを発表 ニューフェイスはわずか1人! ルーニーの登録は…

Football ZONE web 8/29(月) 13:27配信

アラダイス政権の初陣に23選手を招集

 イングランドサッカー(FA)協会は28日、来月4日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)予選の初戦スロバキア戦に向けた招集メンバーを発表した。FA公式サイトが伝えている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 イングランドは先のEURO2016で優勝候補の一角に推されながらも、格下アイスランドに決勝トーナメント1回戦でまさかの敗戦を喫し、ベスト16で姿を消した。敗退直後にロイ・ホジソン前監督は退任を表明。先月22日にサム・アラダイス新監督が就任していた。

 注目の集まった新体制初陣の顔ぶれは、EURO2016で落選したレスターのMFダニー・ドリンクウォーター、アーセナルのMFセオ・ウォルコット、マンチェスター・ユナイテッドのDFルーク・ショー、エバートンのDFフィル・ジャギエルカが復帰を果たした。一方で、EURO参戦組のユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードらが外れることになった。

 また、マンチェスター・シティで構想外となっているGKジョー・ハートはこれまで通り招集され、起用法に注目が集まるウェイン・ルーニーは中盤での登録となった。

新顔は期待の“遅咲きアタッカー”

 そして代表初招集となったのが、ウェストハムで躍進を遂げているサイドハーフ、MFミハイル・アントニオだ。昨季ウェストハムに加入したばかりの26歳のアタッカーは、リーグ戦で8ゴールを決めていた。今季はすでに開幕3試合で2ゴールを挙げており、好調を維持している。

 イングランド代表招集メンバーは以下の通り。

GK
フレイザー・フォースター(サウサンプトン)
ジョー・ハート(シティ)
トム・ヒートン(バーンリー)

DF
ギャリー・ケーヒル(チェルシー)
ナサニエル・クライン(リバプール)
フィル・ジャギエルカ(エバートン)
ダニー・ローズ(トットナム)
ルーク・ショー(ユナイテッド)
クリス・スモーリング(ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(シティ)
カイル・ウォーカー(トットナム)

MF
デレ・アリ(トットナム)
ミハイル・アントニオ(ウェストハム)
エリック・ダイアー(トットナム)
ダニー・ドリンクウォーター(レスター)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
アダム・ララーナ(リバプール)
ウェイン・ルーニー(ユナイテッド)
ラヒーム・スターリング(シティ)
セオ・ウォルコット(アーセナル)

FW
ハリー・ケイン(トットナム)
ダニエル・スターリッジ(リバプール)
ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/29(月) 13:27

Football ZONE web